ベビーカーの選び方講座

数あるベビーカーの中からあなたに合った最適な1台が見つかります

ベビーカーランキング A型ベビーカー

2017年上半期A型人気ベビーカーランキング

投稿日:2017年7月17日 更新日:

 

最新情報はこちら↓↓

2018年5月度、A型ベビーカーお勧め人気ランキング

 

 

新生児期から3歳ごろまで利用可能なA型タイプのベビーカーは全モデルの中でもダントツの一番人気。

人気なだけに複数の機種やモデルが存在し、初めてベビーカーに触れる方には何を基準にどれを選んでよいのかと悩んでしまうはず。

そこで人気のA型タイプをランキング形式にてご紹介するのがこの企画。多くの方が利用しているベビーカーにはそれなりの理由があります。

A型ベビーカーとは何なのか?選ぶ基準は?等、ベビーカーのいろはもご存じない方でも分かりやすい構成に仕上げました。

あなたが求める1台がこの中に必ずあるはずです。

A型ベビーカーとは

ランキングを見る前にベビーカーの簡単な基礎をおさらいしておきましょう。

ベビーカーには大きく分けて2つの型式があります。ここでご紹介するA型タイプとB型タイプと言われるものです。

A型首が安定しない新生児期から利用が可能なモデル。対してB型赤ちゃんの首・腰が据わってきた約7か月から利用できるモデルです。

これだけ聞くとA型のほうがメリットがありそうですが、双方ともにメリット・デメリットがあり、住みわけがしっかりとできています。

ちなみに日本国内ではA型のほうが圧倒的に需要があり、ベビー用品の実店舗で並んでいる約7割のベビーカーがA型です。

A型ベビーカーのメリット・デメリット

新生児期から利用する場合は一部例外の除き、A型タイプの一択となります。

A型は新生児期から約3歳までをこれ1台でカバーできるのが最大のメリットです。月齢・年齢によって、複数のベビーカーを購入し、使い分ける必要がないので経済的にも助かります。

ただし、デメリットもあります。

ベビーカーは単に赤ちゃんを乗せて移動するツールというだけではなく、赤ちゃんの快適性と安全性を重視し、それらの機能を付加する必要があります。そのため、不安定な新生児期を最優先に考慮に入れたA型の機能性は7か月を過ぎる頃のお子様のご利用には機能過多となり、すべてではないにしろこの時期(7か月~)には不必要ともいえます。また、7か月から利用するには余計な機能がついている分、車重も当然ながら重たくなります。

ベビーカーの重さについては個々に考え方が違うため一概に良し悪しは語れませんが、月齢7か月以降の赤ちゃんに利用するには取り回しについてはA型はB型に比べて劣ります。

ちなみにB型ベビーカーとはA型の新生児期の機能を排除したシンプル&軽量タイプというイメージのモデルです。

*上画像はA型の一番人気機種

コンビ メチャカルハンディ オート4キャス エッグショック HG

*上画像はB型の一番人気機種

アップリカ マジカルエアー プラス

一番の理想ははじめにA型を利用し、ある時期からB型を使うのがベストですが、予算的にも難しい方には、7か月以降の取り回しを考慮に入れたうえでそれなりの軽量タイプをチョイスすることをお勧めいたします。

A型ベビーカーの選び方

ここまでご覧いただいてA型ベビーカーは新生児期から利用でき、新生児期の赤ちゃんに優しい機能が多数付加されている分、ある時期(約7か月)がくると、重量や取り回しはB型に劣るといったところまではご理解いただけたかと思います。

ではA型ベビーカーというくくりのモデルはどれも一緒なのでしょうか?

実は、現在販売されているA型は細分化されており、ライフスタイルや価格、重量などによって選択することとなります。

以下のとおり大きく4つのタイプからお選びいただくこととなります。

1.超軽量モデル

両対面機能をはじめ、A型ベビーカーにとって必要な機能を網羅しつつ、超軽量に抑えてあるのがこのタイプ。

総重量4キロ前後のモデルもあり、取り回しは抜群。B型ライクなモデルもあります。

居住環境に階段の上り下りがある場合などはとても便利です。

とにかく軽さ一択で選ぶなら超軽量モデルで決まりです!

*上画像はたった4.4Kgの超軽量人気モデル

コンビ メチャカルハンディ エッグショック MG

2.高機能・最高級モデル

A型ベビーカーとしてのすべての機能を網羅した最上級モデル。

走行性能や赤ちゃんの乗り心地や安全性、そして豪華さなど、あらゆる部分がプレミアムで特別なモデルです。

オート4輪機能はすべてのモデルで搭載されており、背面・対面の両方で安定した走行性を実現しております。

最上級モデルのため、お値段がお高めなのはネックですがステータス性あふれる外観は特別なオーラを醸し出し、所有欲をも掻き立てます。

欠点が無いようにに思われるこのカテゴリーですが、あえて言えば多くの機能を盛り込んでいるため、重量は少々あることが難点か!?

*上画像はアップリカの最新・最上級モデル

アップリカ オプティア プレミアム

3.オート4輪搭載・中軽量モデル

前途でご紹介した2モデルのいいとこどりをしたのがこのオート4輪搭載・中軽量モデル

数年前までは最高級機種のみしか搭載されていなかったオート4輪機能を軽量で実現したのがこのカテゴリーのモデルです。

オート4輪を搭載してもそれほど重くなく、取り回しに苦労することはありません。しかもお手頃な価格も魅力。

現在一番人気のカテゴリーです。

*上画像は実績のあるロングセラー人気モデル

アップリカ ラクーナAD

4.3輪エアタイヤモデル

大型エアタイヤを装備した最近流行のタイプ。

3輪エアタイヤを装備することで、少々の悪路でもものともしない軽快かつ安定した走りを実現しております。

いわゆるベビーカーらしくない都会的なデザインも魅力です。

子育てを楽しみたいお洒落なママさんから圧倒的な支持を受けています。

*上画像は大人気のお洒落なモデル

エアバギーココ プレミア

 

これらを踏まえて・・・

前途でご説明した 軽さ・価格・機能 などを踏まえて以下のランキングからあなたに合った最良の1台をお選びください。

A型ベビーカー売れ筋人気ランキング

現在、売れ筋ナンバーワンのA型ベビーカーをランキング形式にてご紹介いまします。

大手実店舗量販店さんや有力ネット販売店さんからの情報を元に、ベビー用品に携わる私個人の感覚も含めてそれなりに信ぴょう性の高い!?情報となっているものと確信しております。

前途でご説明いたしました4つのモデルタイプも書き添えてあります。

第1位 コンビ メチャカルハンディ オート4キャス

オート4輪搭載・中軽量モデル

メチャカルハンディオート4キャスは発売以来、常にトップの人気を博し現在に至っている日本ブランドベビーカーの代表格。
2017年7月現在の最新モデルは、、、、
毎年進化を続けるメチャカルハンディオート4キャスの集大成ともいえる完成度の高いモデルです。

本機種の原形はメチャカルハンディα。A型両対面モデルでは最軽量のスペックが受けて人気の高かったモデルにオート4キャスをプラスした画期的モデル。

オート4キャスは元々最上位機種しか搭載されていなかった特別な機能。
背面、対面の両方で同じ操舵性を実現したことで注目の機能でしたが、重量が嵩むこと、価格が高くなることから普及には時間がかかると思われていました。
しかしながら、この2つの問題を見事にクリアした本機種は瞬く間に人気機種へと踊り出ます。
オート4輪を搭載しても5Kgを割る超軽量設計!軽いうえに操作性も高く、それほど高価格ではない。これが人気の理由と思われます。

伝統のあるコンビ製ならではのきめ細かな操作性と安全性は健在。
柔らかなデザインもママの心を引きつけます。

日本の風土にぴったりと合った、売れるべくして売れているベビーカーなのです。

注目! ⇒ オート4輪を装備した最軽量ベビーカー。コンビの最新モデル、メチャカルハンディオート4キャスのレビュー

⇒ コンビ メチャカルハンディ オート4キャスHGの詳細と価格

⇒ コンビ メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG (amazon)

⇒ メチャカルハンディオート4キャスHG(yahooショッピング)

第2位 アップリカ ラクーナ

オート4輪搭載・中軽量モデル

ラクーナは1位にしたメチャカルハンディオート4キャスと人気を分け合う実力を兼ね備えた超人気機種。

ラクーナは超軽量+オート四輪という現在では必須ともいわれている2大機能を他社に先駆けて初めて搭載したパイオニア的存在。

長年の実績があることから信頼性は抜群です。

アップリカらしい洗練されたデザインとイメージ、そして安心感はこのモデルに集約されているといってもよいでしょう。

最新モデルのラクーナコンフォートは自然な姿勢を妨げない従来比20パーセントプラスのゆったりシートが特徴です。

注目! ⇒ ラクーナの口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

⇒ アップリカ ラクーナ コンフォート LUXUNA Comfortの詳細と価格

⇒ アップリカ ラクーナ コンフォート (amazon)

⇒ ラクーナコンフォート(yahooショッピング)

第3位 ピジョン ランフィ

オート4輪搭載・中軽量モデル

ランフィはピジョン社の主力モデル。

1位のメチャカル、2位のラクーナと同じ軽量+オート4輪搭載というカテゴリーのモデルです。

ランフィの最大の特徴は卓越した走破性。ダブルタイヤが当たり前だったベビーカー界において4輪ともに大型シングルタイヤを搭載した異色のモデル。

足回りに注力すると重量は極端に増すのは常識でしたが、たった5.4Kgに抑えてあるのはピジョンの技術力の高さからくるものだと思います。

荒れた路面や少々の段差はものともせず、軽快かつ静かな走りを実現。

赤ちゃんもママさんもラクラクのベビーカーです。

注目! ⇒ ピジョンランフィのレビューと口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

⇒ ピジョン ランフィ RA7の詳細と価格

⇒ ピジョン ランフィ Runfee RA7 (amazon)

⇒ ランフィ RA7(yahooショッピング)

第4位 コンビ メチャカルハンディα

超軽量モデル

とにかく軽さが第一!

という方に大人気なのがメチャカルハンディα。

新生児期から使えるA型両対面仕様でたった4.4Kgは驚異的な軽さです。

開閉はすべてでパッとでき、しかも持ちカルグリップと言われる絶妙な位置に配置されたグリップがあるため、無理のない姿勢での持ち運びも含めて操作のほとんどが片手で可能。

力のないママさんが赤ちゃんを片手でだっこした状態でも操作や持ち運びができるのはとにかくありがたいところ。

この軽さならB型としても十分機能するので、お子様の成長に合わせてベビーカーを買い増す必要がなく、コスパの面でも評価の高い1台です。

注目! ⇒ コンビメチャカルハンディαの口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

⇒ コンビ メチャカルハンディ エッグショック MG

⇒ コンビ メチャカルハンディ エッグショック MG (amazon)

⇒ メチャカルハンディMG(yahooショッピング)

第5位 アップリカ ラクーナライト

超軽量モデル

ラクーナライトは軽さと使い勝手を優先させたモデル。

ライバルは4位に置いたコンビメチャカルハンディα。重量ではわずか数百グラム劣るもののスペック的には同等といってよいでしょう。

別売の抱っこひも「コランCTS」を一緒に利用することで乗せ換えがスムーズとなり、煩わしい作業がなくなり、とても便利になりました。

2017年7月現在、お手頃な価格となってきており、コストパフフォーマンスの高さも見逃せません。

⇒ アップリカ ラクーナライト AB

⇒ アップリカ ラクーナライト(amazon)

⇒ ラクーナライト(yahooショッピング)

第6位 グレコ シティライトRアップ

超軽量モデル

グレコは世界80か国以上で販売されているアメリカナンバーワンのベビー用品ブランド。

アメリカのベビーカーというと大柄で日本では不向きという印象がありますが、国内で販売されているグレコのベビーカーはどれも日本の風土にあったモデルばかり。

軽量・コンパクト、そして両対面にもなるので、日本ブランドのベビーカーとほぼ同等のスペックを持っていて安心して利用できます。

グレコブランドの中で一番人気といえば、ここでご紹介するシティライトRアップ。丸みを帯びたデザインとポップなカラーリングが特徴です。

そしてなんといっても価格がリーズナブルなこと!

同等スペックの国内ブランドと比べるとざっくり半値ぐらいなのでコスパ重視の方には特におすすめです。

注目! ⇒ ハローキティモデルのベビーカーが登場!ベースはグレコの人気機種

⇒ グレコ シティライトRアップ

⇒ グレコ シティライトRアップ (amazon)

⇒ シティライトRアップ(yahooショッピング)

第7位 エアバギーcoco

3輪エアタイヤモデル

発売以来、異色なモデルながら安定した人気を維持しているのがエアバギーココシリーズ。

3輪エアタイヤ(自転車のようなタイヤ)がもたらす走行性能とハンドリング、そして乗り心地はベビーカーとは言えないほどの異次元の性能といっても過言ではないでしょう。

3輪タイプにしてはコンパクトな外観と丸みを帯びたかわいいデザインは発売と同時にお洒落なママさんの心を射止めました。また絶妙な折り畳み機構、そして細やかな操作性への配慮など、日本で使うには申し分のない仕様に仕上がっています。

エアバギーココシリーズの一番人気は何といってもブレーキモデル。そして定期的に発売される限定モデルも人気です。エントリーモデルのノンブレーキタイプは3万円台からと意外とリーズナブル。

最安値エアバギーココ ⇒ ★送料無料★ エアバギーココ スタンダード 【当店限定カラー】 ブレーキなし AirBuggy ベビーカー・バギー 三輪ベビーカー 【あす楽対応】

違いの分かるママさんこそ使ってほしい逸品です。

*カタログスペックでは首すわり3か月からとありますので厳密にはA型とはいえませんが、A型スペックに近いこと、別売のマキシコシシートの利用により新生児から利用できることなどからランキングに入れました。

注目!  エアバギーcocoブレーキモデルの進化系最上級グレード。その名も「プレミア」

⇒ エアバギーココブレーキモデル

⇒ エアバギーココ一覧

第8位 アップリカ スムーヴ

3輪エアタイヤモデル

アップリカスムーヴは最近流行となっている3輪エアタイヤモデル。

カテゴリー的に一強・独壇場だったエアバギーココをしっかりとベンチマークし、細やかな配慮を突き詰めたモデルとして注目を集めています。

生後1か月から利用でき、しかも58Cmのハイシートを兼ね備えた文句のないモデル。

ブランディング的に大成功をおさめているエアバギーには知名度では劣るものの、道具としては完成形に近い作りとなっております。

注目! ⇒ アップリカのスムーヴとエアバギーココブレーキモデルの比較

 

⇒ アップリカ スムーヴの詳細と価格

⇒ アップリカ Smooove(amazon)

⇒ アップリカ スムーヴ(yahooショッピング)

第9位 コンビ ネムリエ

高機能・最高級モデル

ネムリエはベビーカーのトップブランドであるコンビ社の最上級モデル。

日本で使うベビーカーとしては考えられる機能をすべて盛り込んだスペシャルなモデルです。

高級寝具素材としておなじみのエアウィーヴを搭載した新構造シートは体圧を分散し、赤ちゃんに最適な寝姿勢を確保。さらに汗をかきやすい赤ちゃんのために通気性を最大限に考えた構造となっております。

大型タイヤを搭載した足回り「振動レスシステム」により赤ちゃんの乗り心地とママさんの押し心地を両立しているのも特徴です。

高級感のある豪華で美しいデザインも見逃せません。

⇒ コンビ ネムリエ UE-720の詳細と価格

⇒ コンビ ネムリエ UE-720(amazon)

⇒ コンビ ネムリエ(yahooショッピング)

第10位 アップリカ オプティア

高機能・最高級モデル

オプティアは最新技術を盛り込んだアップリカの最上級モデル。

足回りサスペンションに加えてシート部分に搭載した新型サスペンションにより最大40%も振動が軽減されているが特徴です。

大きく見える外観は従来モデルに比べてシート幅が広がったことからくるもの。ラクーナライトと比べて6Cmもの横幅が広がったことによりゆったりと快適に過ごすことができるのです。

新設計のフレームはヨーロピアンテイストの垢ぬけた印象を受けます。

 

⇒ アップリカ オプティア プレミアムの詳細と価格

⇒ アップリカ オプティアプレミアム(amazon)

⇒ オプティアプレミアム(yahooショッピング)

 

次点 ピジョン プレミージュ

高機能・最高級モデル

プレミージュはピジョン社の最上級モデル。

美しい高級ソファーのような外観が印象的です。

プレミージュは3位でご紹介したランフィの兄貴分的存在。

4輪ともにシングルタイヤを採用しその大きさはなんと18Cm。街中で遭遇する少々の段差などはものともせず乗り越えていきます。

また、座面下にもサスペンションを採用。上質な足回りサスと合わせて赤ちゃんの乗り心地が格段に向上いたしました。

ライバル比較モデルはコンビネムリエ、アップリカオプティア。

最高級のベビーカーらしく6万円を超える価格設定・・・だったのですが2017年7月現在、なんと4万円を割り込むお手頃プライスに!

モデルチェンジが近いのかもしれません。気になるようでしたら早めに押さえてくださいね。

注目! ⇒ ピジョンプレミージュのレビューと口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

 

⇒ ピジョン プレミージュの詳細と価格

⇒ プレミージュ(yahooショッピング)

次点 アップリカ ソラリア

高機能・最高級モデル

ソラリアは10位に置いたオプティアが発売される前までアップリカのフラッグシップモデルだった日本ベビーカー界の最上級機種。

いわゆる型落ちとなったものの、現行機種と比べても全く遜色ない機能を備えています。

オプティアに比べてゴージャスで高級感ある外観がとても印象的です。

2017年7月現在、型落ちのせいかとにかく安値で販売されているため、そのあたりをしっかりと理解している方には好評のようです。

在庫がなくなり次第、終了なのでしょうか。興味のある方はお急ぎください。

⇒ アップリカ ソラリアの詳細と価格

⇒ アップリカ ソラリア(amzon)

⇒ ソラリア(yahooショッピング)

次点 ピジョン パタン

超軽量モデル

ピジョンバタンは一風変わった折り畳み構造により持ち運びに変化をもたらした画期的モデル。

新生児期から利用可能なタイプなのに軽量でしかも片手でたためて更にコンパクトになるのが特徴。

移動時はショルダーバッグのように肩から背負ったり、キャリバッグのように転がしながらと従来のベビーカーでは考えられなかった新しい発想はアクティブなママさんに好評です。

⇒ ピジョン パタンの詳細と価格

⇒ ピジョン パタン (amazon)

⇒ パタン(yahooショッピング)

最後に・・・

ベビーカーには誰しも認める最良・最強のモデルは存在しません。

ベビーカー選びは 自家用車選びに似ている ということは別ページでも申し上げましたがまさにその通りだと思います。

軽自動車・ミニバン・高級セダンなど、ライフスタイルによって個々に選定するモデルは異なるのです。

それと同様にベビーカー選びも個人個人によって入口は異なります。

安価なモデル、持ち運びがラクなモデル、トータルバランスのとれたモデル、高級なモデルなど、どれを選んでも正解・不正解はないのです。

前途でご紹介してきましたモデルはたしかに売れている順番に並べたランキングではありますが、必ずしもあなたにあてはまるものではないことを強く申し上げておきます。

あなたのライフスタイルにフィットした最良の一台は見つかりましたか?

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ベビーカーランキング, A型ベビーカー

執筆者:


  1. […] 人気記事 ⇒ 2017年上半期A型人気ベビーカーランキング も併せてご覧ください。 […]

関連記事

とにかく軽いA型ベビーカーを重量順に並べてみたランキング

新生児期から使えるA型ベビーカーはやはり一番人気の機種群。 これ一台あれば使い終わる幼児期まで他機種を買い足す必要がないのは魅力です。 しかしながら、A型ベビーカーのほとんどは、新生児期に重きを置いた …

2018年6月版、激安お買い得人気A型ベビーカー5選

ベビーカーの掘り出し物を探すのは一苦労。知識のある方でないとどの商品がお買い得なのかもよくわからないかと思います。 そこでベビー用品の仕事に携わる私が2018年6月現在、一番需要のある新生児期から使え …

アップリカ ラクーナシリーズの評価・レビュー・口コミをまとめてみました。

日本国内で無数に販売されているベビーカー界において1.2の人気を誇るのがアップリカのラクーナシリーズ。その人気の理由をスペック・口コミから分析し詳細をレポートしたいと思います。 ラクーナシリーズは20 …

2018年5月度、A型ベビーカーお勧め人気ランキング

2018年5月現在の人気A型ベビーカーをランキング形式にてご紹介いたします。 新型モデルが登場したり、大幅な価格変更が行われたりといろいろ要素が絡み合い、人気モデルも目まぐるしく変化しております。 当 …

激安お買い得人気A型ベビーカー3選2017年10月版

こちらの記事には最新情報があります↓ 2018年6月版、激安お買い得人気A型ベビーカー5選   8月にUPした同企画 激安お買い得人気A型ベビーカー5選2017年8月版 の最新版をまとめてみ …