ベビーカーの選び方講座

数あるベビーカーの中からあなたに合った最適な1台が見つかります

ベビーカーの機能 ベビーカー情報 ベビーカーランキング A型ベビーカー

オート4輪(オート4キャス)機能とは

投稿日:2017年11月20日 更新日:

ベビーカー選定を始めると必ず触れるワードに「オート4輪」という機能があります。

このオート4輪とはいったい何なのでしょうか。ベビーカーの知識が皆無の方にもわかりやすくご説明してまいります。

同時に人気のオート4輪搭載モデルをランキング形式にてご紹介いたします。また、オート4輪がついていることのメリットとデメリットも書き添えてあります。参考にしていただければ幸いです。

画像:コンビ スゴカル4キャス compact (NetBabyWorld)

オート4輪とは

近年、A型ベビーカーに対する選定基準に変化が見られます。使い勝手のよさ =「軽さ」という認識がしばらく続きましたが近年では赤ちゃんの安全・乗り心地にプラスしてママさんの押しやすさを求める実用派が増えてきているのです。

では、ママが押しやすいと感じるベビーカーとはどのようなものなのでしょうか。

走行安定性がある、路面の凹凸にも対応する、小回りが利く、などが考えられます。

この3つの要素は押し手側が実感する部分ですが、押し心地が楽と感じるベビーカーは実際に乗っている赤ちゃんも快適であると言えます。

押し心地が良いと感じるベビーカーの機能として最近特に注目を集めているのが「オート4輪機能」。A型両対面ベビーカーでは必須の機能となりつつあります。

ベビーカーは通常走行時(背面走行時)、前輪が方向変換のため、フリーに駆動します。背面走行時のみの使用であれば問題ありませんが、対面走行時には駆動する車輪が後ろになるため、ぎくしゃくとした不自然な走行形態となります。

それを解消するために、背面走行から対面走行への変換時、また対面走行から背面走行への変換時に常に前輪がフリーに動く仕組みをオート(自動)で行うのがオート4輪機能です。

その際、軸となる後輪は常に進行方向に向かって真っすぐにロックされます。

以下はコンビ スゴカルの説明内容から。

*コンビではオート4輪を「オート4キャス」と呼んでいます。

画像 : コンビ スゴカル4キャス(NetBabyWorld)

以下、アップリカ ラクーナの説明から

画像:アップリカ ラクーナエアー の説明文から抜粋

 

ちょっと分かりにくいのでこちらの動画をご覧ください。

tfra4

オート4輪の長所と短所

オート4輪は画期的機能。便利な機能ではありますが、死角はないのでしょうか。

ここではメリットとデメリットを列記していきます。

メリット

・背面・対面に関係なく進行方向に向かって常に前輪が駆動するため走行時、ギクシャク感がなく、快適に押すことができる。

・オート4輪は特殊な機能なため、重量過多は避けられないのが数年前までの常識でしたが、現在では5kg前後と軽量にできているため、女性でも気軽に利用できる。

・特殊装備のため、高価格面に反映される傾向にありましたが、今では5万円前後とリーズナブルに。この価格ならばオート4輪モデルを使いたいところ。

デメリット

・やはり若干重くなることはデメリットか。しかしながら新製品では軽量方向へと進んでおり、5.0kgを下回るモデルも複数出てきました。

・オート4輪未搭載モデルの新製品があまり登場していない昨今ですが、そのためか未搭載モデルの価格が大幅に安くなっており、価格差は感じます。

・オート4輪搭載モデル・未搭載モデルを並べると歴然ですが、大きさにかなりの違いがあります。現在のオート4輪モデルはコンパクトになりましたが、一般的な未搭載モデルはそれ以上にコンパクトのため持ち運びには便利です。

オート4輪搭載モデルの現在

オート4輪はほんの数年前までは最上級機種にしか装備されていなかった特別な機能。便利な機能ではありましたが「高価格になってしまうこと」「重量が増すこと」などから、一部の限られた方にしかその価値を認識されていなかった特別な機能だったのです。

年月が嵩むにつれ、前途の2問題が解消されていき、徐々に普及し始めました。

特に2017年初頭からオート4輪機能はすっかりと定着してきた感があり、主要メーカーの主力ベビーカーのほとんどが「オート4輪搭載モデル」になってきたのが現在の状況です。

その逆にオート4輪未搭載のモデルが極端に少なくなってきたのも今年の目立った傾向です。

オート4輪はかなり普及してきたものの、依然として高価格帯の中・上級機種にしか搭載されていない特別な装備です。これは、国内トップ主要3社(アップリカ・コンビ・ピジョン)のモデルしか搭載されていないため仕方のないところ。これ以降も価格が極端に下がることはないでしょう。

オート4輪搭載モデルの2018年6月現在の価格は現行モデルで約5万円~8万円。旧型モデルで約3万円~5万円といったところでしょうか。

2018年度、オート4輪搭載モデル人気ランキング

オート4輪が装着されている2018年度人気ベビーカーをランキング形式にてご覧いただきたいと思います。

2018年6月現在、オート4輪搭載機種を販売しているメーカーは「アップリカ」「コンビ」「ピジョン」の3社のみ。

モデル数は現行最新機種だけで6モデル。現在でも販売されている旧モデルを合わせると10数モデルがあります。

新しいモデル・高級モデル・安価なモデルなどバランスよくランキングされていると思います。

順位はたぶん売れているであろう私の個人的な感覚での発表となります。

順位に関係なく、どれも人気機種ばかりなので安心してご利用いただけるかと思います。

タイプは大きく分けて二つ。
高級感と走行性・安全性重視の「安定タイプ」と、軽さと持ち運びの利便性を兼ね備えた「中軽量タイプ」。

機種名の横に書き添えてありますのでご参照ください。

 

第1位 コンビ スゴカル4キャス

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 5.0Kg

スゴカルは2017年10月に発売されたコンビの軽量オート4輪搭載モデルでは最新機種。

中軽量+オート4輪で大人気・大成功をおさめた「メチャカルハンディ オート4キャスシリーズ」の実質後継モデルです。

5.0kgはクラスでも軽量の部類に入り、しかも持ち運びに便利な2つの機能(持ちカルグリップ・アジャスターハンドル)は原始的ながらとても優れた機能で個人的には大いに評価しています。

隅々まで高クオリティな安心のコンビ製品でかつ、最新モデル。現時点でベビーカーのトップの人気は間違いないでしょう。

⇒ コンビ スゴカル4キャス の詳細と価格

⇒ スゴカル 4キャス compact(amazon)

スゴカル4キャス(yahooショッピング)

第2位 コンビ メチャカルハンディオート4キャスコンパクト

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 5.0Kg

メチャカルハンディオート4キャスはコンビの超ヒットモデル。オート4輪搭載でわずか5.0kgしかない車重で取り回しの良さと高機能が見事に融合した使い勝手のよいモデルです。昨年度(2017年)は人気ベビーカーの中でもトップといっても過言ではないでしょう。

実は最新モデルのスゴカルの登場により、実質、旧モデルになりました。

しかしながら、最新モデルのコンビ スゴカルとはフレームが同じ。ハンドルアジャスター・持ちカルグリップも付いているので全く同じモデルと言ってもよいかもしれません。違いは下かごの形状とシート部分ぐらい。それでいて価格はスゴカルよりも安価なので考え方によってはとてもお買い得な一台といえるでしょう。

⇒ コンビ メチャカルハンディ オート4キャス compact の詳細と価格

⇒ メチャカルハンディオート4キャスcompact(yahooショッピング)

第3位 アップリカ ラクーナAD

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 5.2Kg

ベビーカーは長年、軽さと高機能を両立することができなかった中、登場したのがアップリカのラクーナ。この軽さながら、高級モデルにしか採用されなかったオート4輪を搭載した技術力の高さは発売当時、とてもインパクトがありました。

ラクーナADは大人気、ラクーナシリーズのスタンダードモデル。ブラック・ネイビー・ブラウンと人気の色をラインアップ。インナーシートには通気性の高い素材「シルキーエアーTM」を採用し、快適空間を確保。

別売のだっこ紐、アッリカ純正のコランCTSを利用すれば赤ちゃんの載せ替えがスムーズに!

2018年6月現在、4万円に迫るリーズナブルな価格帯は魅力です。

 

⇒ アップリカ ラクーナAD の詳細と価格

⇒ ラクーナAD(yahooショッピング)

第4位 ピジョン ランフィ RA8

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 5.3Kg

ランフィは大型シングルタイヤの採用で高次元の走行性能を誇る軽量+オート4輪搭載モデルでは異色の存在。走行性能を中心に考えれば第一の候補に挙がるモデルとして間違いありません。クイックなハンドリングが可能なシングルタイヤ、そしてクラス最大の大型タイヤは街中で遭遇する少々の段差もものともせず走り抜けるポテンシャルを持っています。

ランフィRA8はランフィシリーズの4代目。長年の実績と完成度の高さで安心して利用できるハイパフォーマンスベビーカーです。

仕様は少々異なるものの、先代(3代目)の ランフィ RA7 も割安感があり、人気を継続しております。

 

⇒ ピジョン ランフィ RA8 の詳細と価格

⇒ Runfee RA8 (amazon)

第5位 アップリカ ラクーナ ソファークッション

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 5.5Kg

2018年3月発売、軽量+オート4輪搭載で好評のラクーナシリーズの最新機種。

軽量化に伴い、犠牲にせざるを得なかった中型ベビーカーの難点である乗り心地を格段に向上させたモデル。ママの「使い勝手」と赤ちゃんの「快適性」を両立させたクラス唯一もモデルといってよいでしょう。

床下に内臓された「ソファークッション構造」がしなやかに上下することで振動を吸収。上位の高級モデルに匹敵する赤ちゃんの乗り心地を実現しました。

また、自然な寝姿勢を妨げないコンフォートシートはこのクラスでは最も広いシート面となっており、他製品を圧倒します。

軽量+オート4輪搭載というコンセプトはキープしながら、ワンランク上の高級ベビーカーに近いモデルに仕上がったラクーナ ソファークッションは一味違う中型モデルといってよいでしょう。

 

⇒ ラクーナ ソファークッション の詳細と価格

⇒ ラクーナ ソファークッション(amazon)

第6位 アップリカ ラクーナエアー

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 4.6Kg

大人気、ラクーナシリーズの最軽量モデル。

従来型のラクーナと基本構造は同じながら、幌の形状やシートの作りなどに改善があり、クラス最軽量のわずか4.6kgを実現。フード(幌)にアクセントがあり、パステル調のグリーン・ブルー・イエローから選べるカラーリングはアクティブな印象で個性を発揮できます。

軽量+オート4輪搭載で実績・人気ともに高いラクーナ。そこに最軽量がプラスされれば大いに注目せざるを得ません。

 

⇒ アップリカ ラクーナエアーの詳細と価格

⇒ ラクーナエアー (amazon)

 ラクーナエアー(yahooショッピング)

第7位 アップリカ ラクーナコンフォート

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 5.3Kg

A型両対面+軽量+オート4輪搭載の先駆者として人気・実力ともに常に一歩先を歩んできたラクーナ。2013年末に「エアリアラクーナ」という名称で発売以来、基本構造を踏襲してきましたが、ここでご紹介するラクーナコンフォートはフレーム部分に若干の変更があり、剛性の強さにプラスして、従来比+20%のシートの広さを実現。

スタンダードタイプのラクーナと並べるとよくわかりますが、ホイールベースがかなり長く、横幅も若干大きめ。

名前に「ラクーナ」と入っているため、ラクーナシリーズの一部という見方もできますが、個人的にはちょっと別物のように感じます。アップリカの最上位モデル、オプティアとラクーナの中間といった感じ。

赤ちゃんがのびのび過ごせるゆったりとしたスペースは欲しいが、オプティアほどの重厚感は必要ないとお考えの方にはよいかもしれません。

 

⇒ アップリカ ラクーナ コンフォート の詳細と価格

⇒ ラクーナ コンフォート(amazon)

 ラクーナコンフォート(yahooショッピング)

 

第8位 コンビ アンブレッタ4キャス

最上級グレード安定タイプ

車重 6.7Kg

アンブレッタはコンビの最新、最上級モデル。

足元まですっぽりと覆う超大型幌や斬新なホイルデザインを纏った大径ダブルタイヤ、曲線がエレガントなフレーム構造などから見てとれる美しく優雅な佇まいは日本ブランドの他機種にはない別格のオーラを輝き放っています。

外観に目が行きがちですが、ベビーカーとしての機能性も一級品。

コンビ独自の超衝撃吸収素材エッグショックをシート全面に使用。

足廻りには路面の僅かな振動も吸収する4輪ソフトエアサスペンションを採用するなど赤ちゃんの乗り心地には抜かりありません。

クラス最大の58cmハイシートは大型幌と相まって夏場の強い日差しと地面からの反射光からしっかりと守ってくれます。

このカテゴリーのモデルは重さについて言及されることもありますが、片手で抱え込むように持てる持ちカルグリップが装備されているので力のない女性でもそれほど負担になることはないでしょう。

とにかく美しいベビーカーです。街中での遭遇率も低いことから他人との差別化を図りたい方にはオススメです。

 

⇒ コンビ アンブレッタ4キャス の詳細と価格

⇒ アンブレッタ オート4キャス (amazon)

 コンビ アンブレッタ(yahooショッピング)

第9位 アップリカ オプティア

最上級グレード安定タイプ

車重 6.9Kg(プレミアムモデル)

オプティアはアップリカの最上位モデル。すべてにおいて新設計の新しいモデルとして注目を集めています。

高級路線のカテゴリーに属するベビーカー群は従来、もったりとした押しつけがましい高級感が全面に出たモデルが多かったのですが、イメージが一新。若々しくアクティブな印象を受ける外観はこのベビーカーカテゴリーの印象をがらっと変えました。

変わったのは外観だけではありません。

高級機らしく、乗り心地を重視した工夫が随所に施されています。

一番の注目はダブルサスペンションの採用。高性能のタイヤサスペンション搭載で定評のあるアップリカですが、従来のキャスターサスに加えて、シート下にもサスペンションを搭載。これにより走行時の振動を従来型に比べて最大約40パーセント軽減しています。

また、各所に見えるムレ対策。通気がよく、ムレにくい構造は汗っかきの赤ちゃんには大変好評!?のようです。

ゆったりとしたシートスペース、重厚感のある押し心地もオプティアの魅力。どうせ利用するのならば一番良いものを!とお考えの方は選択肢の一つに加えてみてください。

 

⇒ アップリカ オプティア の詳細と価格

⇒ Aprica optia(amazon)

⇒ オプティア(yahooショッピング)

第10位 ピジョン フィーノ

最上級グレード安定タイプ

車重 6.8Kg

フィーノはランフィで大成功を収めたピジョンの最上位モデル。

大径18cmのタイヤサイズはA型両対面タイプでは最大。4輪ともにシングルタイヤを採用し、クイックなハンドリングと少々の悪路にも対応するスペックに仕上がっています。

大型シングルの4輪を支えるスイング式サスペンションは上下だけではなく、前方向からの力を吸収。移動中の振動を和らげる高度なタイヤサスペンションを搭載しながら、座面下にもう一つの装置を搭載。ママだっこサスペンションと呼ばれる機構はタイヤサスだけでは吸収しきれなかった微細な衝撃をさらに吸収し、振動を和らげます。

街中で頻繁に遭遇する歩道の段差やでこぼこ道にも柔軟に対応する走破性と乗り心地はクラス最強ともいえます。

先行で発売されたランフィは弟分的存在。現在もトップクラスの人気があるランフィをあらゆる面で一回り豪華にした印象です。

フィーノはベビーカーとして現在考えられるスペックをすべて兼ね備えた日本ブランドベビーカー界の最上級モデルなのです。

 

⇒ ピジョン フィーノ の詳細と価格

⇒ ピジョン フィーノ (amazon)

⇒ フィーノ(yahooショッピング)

お買い得なオート4輪搭載ベビーカー

オート4輪搭載モデルが第一希望だが、高額なのがネック、という方のために安価で購入可能なモデルをピックアップしてみました。

新製品が発売になったことで実質、旧型扱いとなったモデルですが、実は内容にそれほどの違いはありませんので安心してご利用いただけます。

売り切り扱いのためか、在庫限りの品物ばかり。色もあまり選べませんがお好みの商品があればとてもお買い得。

売り切れの際はご容赦ください。

コンビ メチャカルハンディオート4キャス plus

ミッドレンジ中軽量タイプ

車重 4.9Kg

メチャカルハンディオート4キャスplusは前途の2位でご紹介しましたコンビ メチャカルハンディ オート4キャスコンパクトの兄弟モデルです。

フレーム部分は全く同じ。シートカラーの違いはあるものの双子モデルといっても過言ではありません。大きな違いはハンドルアジャスターの有無。このモデルには搭載されていません。ハンドルアジャスターは持ち運び時にコンパクトになるメリットがありますが、100g車重が重くなるデメリットもあります。そのため、このモデルは1位、2位のモデルより軽い4.9kg。

さて、これらの違いだけで大幅にお値段が安くなっているとすれば、あなたならばどうしますか?

このモデルも最新機種 スゴカル の登場により、旧モデル扱いとなっているためのディスカウントプライスと思われます。

現代の需要を満たした超人気モデルがこの価格。私個人的にはぜひ利用したい超お買い得なモデルです。

⇒ コンビ メチャカルハンディ オート4キャス plus の詳細と価格

⇒ メチャカルハンディオート4キャスplus(yahooショッピング)

アップリカ ソラリア

最上級グレード安定タイプ

車重 7.5Kg

ソラリアはアップリカの最上位モデル。豪華な外観、マルチショックレス構造採用した抜群の走行性能、赤ちゃんに優しい至れり尽くせりの安全・快適な装備などどれをとっても一級品。

装備と安定性を最優先に考えた高級モデルだけに車重は少々ありますが、それ以外に文句の付け所はありません。

このソラリア、現在は発売当初の約半値近いプライスをつけて販売されています。その理由は新型モデルで実質後継機種のオプティアが発売されたため。実質、旧モデルとなりましたが、新型と比べてもそれほど大きな違いはありません。

少しでも安く、しかも良質なものを利用したいという方にはお勧めです。

⇒ アップリカ ソラリア の詳細と価格

⇒ ソラリア (amazon)

 ソラリア(yahooショッピング)

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ベビーカーの機能, ベビーカー情報, ベビーカーランキング, A型ベビーカー

執筆者:


  1. […] ⇒ オート4輪(オート4キャス)機能とは […]

関連記事

赤ちゃんの気持ちになって選ぶ

ベビーカーを選択する際、利便性の高い機能、そしてデザイン、または価格やブランドなど・・・どこに重点を置いて購入するか?悩む方が多いと思います。 しかしながらこれでは一番大事な部分が抜けております。これ …

アップリカ オプティア、ピジョン フィーノ 、コンビ アンブレッタの比較

  ベビーカーはお子様を授かった際、ほとんどの方が利用する便利な子育てツールとして認識されています。 ベビーカー機種を選定する基準は人によって様々ですが、どうせ利用するならば一番よいものを! …

コンビメチャカルハンディαMFモデルの口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

photo by Netbabyworld 2015年9月下旬にコンビからメチャカルハンディαの最新モデル「メチャカルハンディαエッグショックMF」が発売になりました。 メチャカルハンディといえば、日 …

激安お買い得人気A型ベビーカー5選2017年8月版

  こちらの記事には最新情報があります↓↓ 2018年6月版、激安お買い得人気A型ベビーカー5選   ベビーカーは原則として上代販売が基本。値下げは原則としてありません。ネットで買 …

2018年7月度、3輪ベビーカーお勧め人気ランキング

最近、街中でも頻繁に見かけるようになってきた3輪タイプのベビーカー。 とてもスタイリッシュなフォルムでユーザーさんからも子育てをエンジョイしている明るい印象が伝わってきます。 半面、使い心地はどうなの …