ベビーカーの選び方講座

数あるベビーカーの中からあなたに合った最適な1台が見つかります

エアバギー

エアバギーココの限定モデル一覧 2018年2月度版

投稿日:

ベビーカーは星の数ほどあれど、その中で最もホットなモデルをピックアップせよと言われたらエアバギーココを外すわけにはいきません。

3輪エアタイヤを装備した異色の形態ながら取り回しのよいコンパクトさときめ細やかな操作性、そして卓越した走行性能とベビーカーのトータルのポテンシャルをみれば文句のつけようがないモデルです。また、普通のベビーカーにはないファッション性の高さも注目を浴びる一因となっています。

エアバギーをご検討の方の多くは、複数の選択肢の中から選ぶというよりはエアバギー一本でお考えの方が多いのも特徴です。

お洒落度と個性を発揮できるエアバギーココですが、最近は街中で見かけるケースが非常に多く、他者との差別化を図れれば・・・とお考えに方も多いはず。

そこで、エアバギーココを限定モデルに絞ってご紹介していきたいと思います。2017年2月現在の最も新しい限定モデルです。

エアバギーココをご検討の方、もっとこだわりを持って利用してみませんか。

違いの分かるお洒落なあなたに納得いただける限定モデルが必ずあるはずです。

エアバギーココの基本バリエーションは3種類

限定モデルを見る前にエアバギーココの基本モデルをおさらいしておきましょう。

基本構造は同じながら大きく3つのバリエーションがあります。このうち2機種が限定モデルのベースとなっています。

エアバギーの公式ページを見るとこれら通常販売品はノーマルエディションと呼ばれています。

⇒ AirBuggy OnlineStore直営店(楽天市場)

エアバギー ココ スタンダード AIRBUGGY COCO STANDARD

エアバギーココの発売当初から変わらない一貫したコンセプトのもと、細部の変更を繰り返しながら現在まで至るココの基本形モデル。最新モデルの大きな特徴はフレームカラーがシルバーからブラックへと変更したこと。落ち着きとシャープさが加わった外観は今までに比べて豪華さと高級感が増しました。

このスタンダードモデルはハンドブレーキの搭載がないベーシックモデル。ハンドブレーキがないことでの不安もあるかもしれませんが普通のベビーカー同様、フットブレーキは搭載されているのでご心配なく。

限定モデルにはノンブレーキモデルのcocoスタンダードの設定はありません

2018年2月現在の最新現行モデルカラーはインディゴグレー、チェリーレッド、エスプレッソ、キャメルの4種類。すべて単色となります。

⇒ エアバギー ココ スタンダード の詳細と価格

⇒ AirBuggy COCO ココ スタンダード(amazon)

エアバギー ココ ブレーキ エクストラ AIRBUGGY COCO BRAKE EX

丸みを帯びたキュートなデザインのオリジナルcocoに強力なハンドブレーキが搭載されたハイスペックモデル。手元で速度調整が可能なハンドブレーキはいざというときにとても役立つ安心のアイテム。

ハンドブレーキ搭載の現行モデルはEX(エクストラ)が語尾につき、発売当初のブレーキモデルに比べて細部がバージョンアップしました。ハンドル、フロントバー、ドリンクホルダーをヴィーガンレザーのブラックで統一され、従来から定評のある機能性に併せて美しいデザイン性を兼ね備えた上質な1台に仕上がっています。

cocoの中では一番人気のモデル。限定モデルではこのブレーキモデルがベースになっている機種がメインとなっています。

2018年2月現在の最新現行モデルカラーはチェリーレッド、エスプレッソ、キャメル、コーラルオレンジ、ブラック&ブラックの5種類。すべて単色となります。

⇒ エアバギーココ ブレーキ エクストラ の詳細と価格

⇒  AirBuggy COCO BRAKE EX (amazon)

エアバギー ココ プレミア  AIRBUGGY COCO PREMIER

 

オリジナルcocoとベースは一緒ながら従来のドーム型フードからスクエアフォルムのキャノピーに変更。オリジナルでは可愛らしい印象がありましたがこれだけで都会的でスタイリッシュ&シャープなイメージへと大変身。

プレミアの名の通り、細部は細かな変更があります。衝撃を吸収するクッション性の高い厚手のシートを採用することで乗り心地が向上。タイヤは従来型と比べてトレッドパターンが異なりオフロードタイプへと変更。悪路へも対応したトレッドでお出かけの幅も広がりました。

プレミアは通常ラインアップのココでは最上級モデル。限定モデルのベースとして複数利用されています。

2018年2月現在の最新現行モデルカラーはトゥルーレッド、ミッドナイトブルー、ピアノブラック、サファリ、マンダリン、フォレストグリーン、チャコールグレーの7種類。

注目はプレミアモデルでは珍しいホワイトフレームのトゥルーレッドとミッドナイトブルー。あまり見かけないカラーなので注目度は高いかも・・

↑画像: COCO PREMIER TRUE RED

↑画像: COCO PREMIER MIDNIGHT BLUE

 

⇒ エアバギー ココ プレミア の詳細と価格

⇒ AirBuggy COCO PREMIER (amazon)

Air Buggy coco 限定モデル一覧

 

お待たせいたしました。ここから限定モデルをご紹介していきます。

AirBuggy(エアバギー)の公式オンラインショップ AirBuggy OnlineStore(直営店) を見るとわかりますが、限定モデルにはリミテッドエディションスペシャルエディションの2つにカテゴリー分けされています。なぜ分類されているのかは不明ですが、推察するところリミテッドは限定の中でもイチオシ商品なのではないかと思います。

cocoの限定モデルは発売売り切りが原則となっているようです。今までの流れから見て春と秋に発売されているケースが多く、ここでご紹介する限定モデルのほとんどは2017年秋モデルがメインとなっています。

2018年2月現在、発売されている限定モデルは11種類。

あなたのお気に入りの一台が必ず見つかるはずです。

エアバギーココプレミア リミテッドモデル「BAPE KIDSⓇ」コラボ限定

リミテッドエディション Limited Edition

人気ファッションブランド「A BATHING APE®」のキッズライン「BAPE KIDSⓇ」と
エアバギーがコラボレーションしたベビーカー。
BAPEⓇオリジナルカモフラージュ柄、『ABC CAMO』を使用した限定モデルです。
本モデルのみシートと同じ生地を採用したストローラーオーガナイザーが標準装備されています。

⇒ 【数量限定】BAPE KIDS®×AIRBUGGYABC AIRBUGGY COCO PREMIER

エアバギー ココ プレミア メランジ デニム

リミテッドエディション Limited Edition

2017年4月に登場したプレミアモデルをベースにした「メランジデニム」。ベースになる部分を精悍なブラックで統一し、上質なデニムファブリックをあわせた、洗練されたカジュアル感が魅力です。

⇒ エアバギー ココ プレミア メランジ デニム の詳細と価格

⇒ AirBuggy COCO PREMIER MELANGE DENIM (amazon)

 エアバギーココ エクストラメランジデニム

リミテッドエディション Limited Edition

前途でご紹介したプレミアココと同時期に発売された限定メランジデニムのブレーキモデル版。フレームや各パーツ部分をハワイトでまとめ、デニムファブリックと合わせることで上品で都会的なカジュアルスタイルへと変身したモデルです。

⇒ エアバギー ココ ブレーキ エクストラ メランジ デニム の詳細と価格

 ⇒ AirBuggy COCO BRAKE EX MELANGE DENIM (amazon)

 エアバギーココプレミア ミックスツイード

スペシャルエディション Special Edition

ミックスツイードは2017年10月に発売された秋冬モデル。プレミアをベースとしたモデルで幌部分は気品あるヘリンボン柄を採用。落ち着いた雰囲気の中にもクールなエッセンスを感じさせるバギーへと仕上がりました。

⇒ エアバギー ココ プレミアミックス・ツイード の詳細と価格

⇒  AirBuggy COCO PREMIER MIX TWEEDS (amazon)

 エアバギーココ ブレーキエクストラ ミックスツイード

スペシャルエディション Special Edition

2017年秋に発売されたココブレーキモデルベースのミックスツイードモデル。ホワイトのフレームとホイールを纏い、ハンドル、フロントバー、ドリンクホルダーは高級感のあるヴィーガンレザーを施したキャメルカラーを採用。シート全面と幌にはホワイト×グレイで構成された上品なヘリンボン柄のファブリックで全体を見渡すと色バランスが見事にマッチングしており、落ち着きの中にも豪華さを感じる一台に仕上がっております。

⇒ エアバギーココ ブレーキ エクストラ ミックス・ツイード の詳細と価格

⇒ AirBuggy COCO BRAKE EX MIX TWEEDS (amazon)

 エアバギーココ プレミア アーバンストーン

スペシャルエディション Special Edition

プレミアモデルはシートと幌に異なる配色を採用しているのが一般的ですが、アーバンストーンは統一された単色なのが特徴。

柔らかなジャージー素材とハリのあるマニッシュなファブリック。ふたつの異なる表情をボンディングしたテクニカルな素材を採用し、モダンなシルエットに仕上がっています。

グレイッシュなメランジ柄と、ニュアンスのあるライトベージュのコンビネーションが、シャープな印象でありながら、上質なリラックスモードを演出します。

ドリンクホルダー、ハンドル、フロントバーは豪華なブラックヴィーガンレザーを採用しています。

⇒ エアバギー ココ プレミア アーバンストーン の詳細と価格

⇒ AirBuggy COCO PREMIER URBAN STONE (amazon)

 エアバギーココ ブレーキ エクストラ アーバンストーン

スペシャルエディション Special Edition

アーバンストーンのココブレーキモデルバージョン。幌の形状とホワイトフレームの影響からか、前途のプレミアアーバンストーンとは印象がガラッと変わります。

⇒ エアバギーココ ブレーキ エクストラ アーバンストーン の詳細と価格

 ⇒  AirBuggy COCO BRAKE EX URBAN STONE (amazon)

 エアバギーココ プレミア グラデーションカモ

スペシャルエディション Special Edition

ソフィスティケートされた大人のカモフラージュ柄が斬新なスペシャルエディション「グラデーション カモ」がデビュー。主張しすぎないのに印象際立つクールなヴィジュアルで、アーバンクルーズにもアウトドアシーンにもしっくり馴染む一台です。

⇒ エアバギーココ プレミア グラデーションカモ の詳細と価格

⇒ AirBuggy COCO PREMIER GRADATION CAMO (amazon)

エアバギーココ ブレーキ エクストラ グラデーションカモ

スペシャルエディション Special Edition

グラデーションカモのココブレーキモデル。フレーム・ホイールともにブラックのためか、とてもシックな印象を受けます。

⇒ エアバギー ココ ブレーキ エクストラ グラデーション カモ の詳細と価格

 ⇒ AirBuggy COCO BRAKE EX GRADATION CAMO (amazon)

エアバギーココ ブレーキ エクストラテクスチャーデニム

スペシャルエディション Special Edition

シート&キャノピーに藍色の深みあるインディゴブルーのデニム柄を採用した特別仕様のココブレーキモデル。 ハンドル、フロントバー、ドリンクホルダーにはエスプレッソカラー の合皮を採用。ハイエンドなカジュアルスタイルを追求した1台です。

⇒ エアバギーココ ブレーキ エクストラ テクスチャーデニム の詳細と価格

 ⇒  AirBuggy COCO BRAKE テクスチャーデニム (amazon)

エアバギーココ ブレーキ エクストラサファリ

スペシャルエディション Special Edition

ブレーキモデルをベースとする迷彩柄が特徴の限定サファリモデル。海・山などアウトドアそして都会でのクルーズと相反する両面で意外とマッチしてしまうオールラウンドなモデルなのです。

⇒ エアバギーココ ブレーキ エクストラ サファリ の詳細と価格

⇒ Air Buggy COCO BRAKE MODEL(amazon)

さいごに

エアバギーココの限定モデルは今までの流れを見ていくと毎年、春と秋の2回発売されているようです。4月頃になればニューバージョンが発表されるかもしれませんのでもう少し待ってみるのも一つの手かもしれません。

しかしながら、お気に入りの一台がこの中から見つかった場合は早めの行動を起こしたほうがよいでしょう。限定モデルだけに売り切りで完了となるため、2度とチャンスは来ないからです。

cocoシリーズはプレミアモデル、スタンダード、ブレーキモデル、限定モデルを合わせてかなりのカラーバリエーションがあります。この中を見渡せば、必ずあなたの目に留まる一台が見つかることは確実でしょう。

さあ、お気に入りのモデル&カラーは決まりましたか。

⇒ エアバギーココ一覧

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-エアバギー

執筆者:

関連記事

エアバギーココの特徴・人気の理由をまとめてみた

今や絶大な人気を博し、ベビーカー界で確固たる地位を確立したエアバギーココ。 しかしながらエアバギーココはルックスの良さから単にファッションストローラーという認識をお持ちの方も少なくありません。機種選定 …

2人乗りお勧めベビーカー人気ランキング

2人乗りベビーカーは双子ちゃんや年齢の近い2人のお子様を同時に安全に移動するのには大変便利なツールです。 筐体が大きいため、持ち運びに難ありとの評価も一部あるようですが、やはり使ってよかったという意見 …