エアバギーcocoブレーキモデルの進化系最上級グレード。
その名も「プレミア」

twou


三輪エアタイヤが生み出す軽快かつ抜群の走行安定性能と、愛らしい完成されたデザイン、そして確固たる地位を確立したインポートブランドにも負けないブランディングとベビーカー選定に際しての必要な要素が全て織り込まれた完成形とも言えるのが私も一押しのエアバギーココです。

ぱっと見のデザインから特殊なベビーカーとして躊躇される方もいるかもしれませんが、巷での人気は想像以上のモノ。
流行に敏感な芸能人の利用者も多く、そこを入り口として選ばれる方も多いのではないかと想像できます。

そんな魅力いっぱいのエアバギーココに、派生モデルの プレミア が登場いたしました。
プレミアを名乗るだけに、プラスアルファの装備や魅力を期待するところですが、実際はどうなのでしょうか。

じっくりとレビューしたいと思います。



スポンサードリンク


エアバギーココプレミアはここが凄い!新型キャノピーと4つの新機能と装備

twoou

まずはエアバギーココプレミアの写真をじっくりとご覧ください。

一つでも通常のココとの違いが分かった方はかなりのエアバギー通ですね。

プレミアは新型キャノピー+新しい四つの機能を装備いたしました。

そのプレミア度とは?

丸型の幌から涼しげでスタイリッシュな角形キャノピーに変更

twoou

一目見て明確な違いが分かるのが幌の形状。通常のcocoではふんわりとした丸型で暖かなイメージの幌を装備していますが、こちらのプレミアはガラッとイメージチェンジ。

軽快で涼しげな印象の角形キャノピーを装備。明確な違いにプレミア度を感じます。



幌の形状からくる印象としてどことなくバガブービーに似ているような、、

素直に格好イイと思いました。

プレミアシートクッションで質感アップ

tioou

スタンダードなココと比べ、ふっくら感が増した厚手のシートを搭載。
パッと見でも高級感漂う装いとなりました。

ブラックカラーは引き締まった印象があり、カラフルなキャノピーとの組み合わせで一味違うプレミア度を演出します。

高級感溢れる合皮ハンドル&合皮フロントバー

tnoou

ハンドル部分は従来モデルの丸型から角型に変更。

持ち手部分はスポンジタイプから高級感溢れるハンドメイドの合皮タイプへとチェンジしました。
綺麗なハンドステッチもプレミアの証しです。

同様にフロントバーも合皮タイプへ。

ヨーロッパの高級ベビーカーのような装いとなりました。

走破性の高いオフロードタイヤを装備

pnoou

従来のココではいわゆる自転車のようなパターンのタイヤを装着していましたが、こちらはワイルドなオフロード系パターンのタイヤを標準装備。

砂浜や泥道等、悪路でもスイスイ安定した走りを実現。エアバギーのポテンシャルを最大限引き出すにはうってつけのタイヤと言えます。

自立スタンドにロック機能を追加装備

pnoeu

このカテゴリーのベビーカーで、ほぼワンタッチで簡単にスッキリとコンパクトになるだけでもすごいのに、自立機能がついているのがエアバギーココの優れたところ。

さらに自立スタンドにロック機能が追加になったことで、自立安定性が増しました。

スタンダードなcocoとプレミアcocoどちらを選ぶか?

両タイプともに基本構造はほぼ一緒。

ベースはそのままに上記の機能を追加したといったほうが分かりやすいかもしれません。
従来型のcocoにはノンブレーキタイプも存在しますが、プレミアにはブレーキ付きモデルしかありません。

比較となるのは「プレミア」VS「ココブレーキモデル」となります。


エアバギーココ プレミア 全5色


cocoプレミアの限定モデル ハーモニーコレクション

エアバギーココ プレミア ハーモニーコレクション 全6色


エアバギー ココ ブレーキモデル全11色


cocoブレーキの限定モデル ハーモニーコレクション

エアバギー ココ ブレーキモデル ハーモニーコレクション 全5色


価格の比較 プレミア>ココブレーキ

ココプレミアは通常のココブレーキモデルに比べて、約1万円高の価格設定。

上記、5つの違いから1万円の価格差をどのように考えるかは個人個人の評価の分かれるところ。

「プレミア」の名にふさわしい装備に仕上がっていることから個人的にはこの価格差は納得できます。

この価格帯のベビーカーをご検討の方であれば、少しでも安いものをお探しになられているということはないと思いますので、あとは好みの問題と言えるかと思います。

むしろ、他人とは違うモデルを利用したい、高級なものを使用したいという需要のほうが多いかと思います。

実は、ココには限定モデルも存在し、価格帯はちょっとお高めとはいえ個性を重視したい方にはこちらも検討対象にしてはいかがでしょうか。

ただし、限定品ゆえタイミングによってはsold outの可能性もございます。


【1000台限定モデル】エアバギーココブレーキ
CRUISE LINE[PLATINUM ALMOND]

AirBuggy OnlineStore(直営店)

ココのブレーキモデルがベースになっているクルーズを意識したエンブレム刺繍のさわやかな印象の限定モデル。

このモデルをご検討の方でよく耳にするのが「汚れ対策」について。

白は汚れるのでは?なんて不安に感じているかもしれませんが、エアバギーココのシートは他社製品に比べて洗濯すれば、たいていきれいに落ちます。
シートの脱着も簡単に短時間で行えるため、「汚れたらお洗濯!」で解決ではないでしょうか。

こちらでご紹介している白ベースの PLATINUM ALMOND 以外にもう一色、BRIGHTON BLUE というカラーがありますが、すでに完売。再入荷の予定はないとのことです。

メーカー直営店であるAirBuggy OnlineStoreで完売とのことですので、他店でも同様でしょう。

1000台限定なので、この PLATINUM ALMOND も在庫数は数少ないのかもしれません。


(限定モデル)【AirBuggy LIMITED】エアバギーココブレーキ SAFARI[サファリ]

AirBuggy OnlineStore(直営店)

とにかく目立ちたい方にはオススメ!

cocoのブレーキモデルをベースに、シート・幌・ドリンクホルダーに至るまで流行の迷彩柄で統一。
ハンドルとフロントバーにはプレミアタイプと同じく、ハンドメイドの高級感溢れる合皮を採用。

オシャレな迷彩柄、他人と被りたくない、数少ない限定品。
このあたりでフィーリングが合致するようでしたら絶対にオススメです。

数に限りがありますので、気になるようでしたらお早目のご決断を!


シート色の好み

ココプレミアのキャノピー(幌)は全5色。豊富なカラーバリエーションから性格の異なる機種のチョイスが可能です。

しかしながら、シート色はブラックのみとなり、スタンダードタイプのcocoと比べるとシックな構成となっているような気がします。

シート色まですべて変わると全く印象の異なるエアバギーココ。
このあたりは完全に好みの問題。

通常のココは全11色(限定品除く)。プレミアは全5色。

色で選ぶとすれば相当悩むかもしれません。

ココプレミアのちょっとした疑問

ここまでご覧頂いて、ココプレミアにするか、スタンダードのブレーキココにするか、とても悩まれている方も多いかと思います。
併せて色の選定にも苦労するという楽しい悩みに直面されている方もいらっしゃるのでは?

私もその一人なのですが、そんな中、ひとつの解決策が浮かびました!

フレームサイズはどちらも一緒。シートと幌だけが違うとなれば・・・

そうだ!ココプレミアを購入して、通常のcocoの替えシートを購入すれば、両方楽しめる!と。

エアバギーシリーズの優秀なところの一つとして、シートの脱着が非常に簡単なことが挙げられます。

エアバギーユーザーで替えシートを別途購入されている方が多いのは、簡単に取り外しが可能で、複数のカラーを楽しみたいという考えと、シートを常に清潔に保ちたいと洗濯中の代替品としてお求めになられるケースが多いからと推察できます。

そこで、正規販売店この質問をしてみました。

いただいた回答は!?・・・・・「使えません。。」とのこと。。

ココプレミアと通常のココとでは、シートの相互利用は無理とのこと。

シートを止めるスナップボタンの位置が違うそうです。。

そうですよね。私もメーカーの人間であればそうすると思います。


ここまでご覧頂いてココプレミア VS スタンダードブレーキココ の決定打は見つけにくいですが、ホント好みの問題だと思います。

私個人的には、新鮮に映る「プレミア」に迷わずいっちゃうと思います。

スポンサードリンク


併せて読みたい人気記事

アップリカのスムーヴとエアバギーココブレーキモデルの比較

人気ベビーカーランキング2016年7月版

ベビーカー2015年度上半期版人気ランキング

芸能人・モデルさん愛用のベビーカーを見てみよう

B型ベビーカー人気ランキング

アップリカ ラクーナの口コミと評価

ピジョンの最新機種ランフィの口コミ、評価、使用感




このページの先頭へ