B型に限りなく近い超軽量A型両対面ベビーカー
メチャカルハンディDC360が激安価格で!

tlkl2i05


↓以下ページが最新情報です↓

2016年7月度、大人気ブランドベビーカーの掘り出し物をご紹介します

現在のベビーカーの一番人気機種は「A型で両対面になるタイプ。」

新生児から利用可能なのはもちろん、適度にコンパクトで折りたたみが楽でしかも総合的に機能が充実している機種に人気が集中しています。

コンビ、アップリカをはじめとする日本ブランドのベビーカーが特に人気です。

アップリカではソラリア、ラクーナ、フライル、コンビではディアクラッセ、メチャカルハンディαなどが代表的な機種です。

これらA型両対面ベビーカーは大きく分けると3つのタイプに分類できます。


1.最上位モデル

総合的な信頼性と高級感がウリの最上級モデル。アップリカではソラリア、コンビではディアクラッセが該当します。足 回りの充実から、走行性能はワンランク上を行っています。大きな居住空間とクッション性などで乗り手の赤ちゃんも快適。
日本ブランドとはいえ、最上級の気品漂う外観でステータス性も兼ね備えています。

欠点 ⇒ 重いこと、高価格

装備を充実させると必然的に重くなります。走行性・快適性を重視の機種なだけに、軽さを要求するモデルではありません。

2.ミッドレンジモデル

快適装備は維持しつつ、軽さと取り回しを重視したモデル。

アップリカではフライル、コンビではメチャカルハンディαが該当します。このタイプは重量が4kg~5kg前後と、女性でも持ち運びが楽なのが最大のウリ。アップリカフライル、コンビメチャカルハンディαは年間通じて国内では1、2位を争う 人気機種であり、「軽さ」と「快適装備」の融合が市場のニーズをしっかりとらえた大ヒットモデルとなっております。

3.超軽量モデル

A型両対面ベビーカーとしての最低限の機能は維持しつつ、とにかく「軽さ」を追及したモデル。

機種によってはB型ベビーカーよりも軽量で操作が簡単なモデルもあります。

「軽さ」を追及することでの各パーツの最小化により、頼りないイメージを持たれる方もいるようですが、もちろん全く問題はありません。

個人個人のライフスタイルによって上記3タイプからチョイスするわけですが、何はともかく軽さを第一に考えている方、A型ベビーカー1台のみで済ませようとしている方(B型は購入しないと考えている)には3.タイプがお勧めです。

新生児から使えるA型両対面ベビーカーなのに、軽量B型タイプをも凌ぐ軽量でかつ、ワンタッチでの楽々折りたたみや気軽に使えるコンパクトなボディなど魅力満載のとっておきの一台をご紹介いたします。

申し遅れましたが、価格はとってもリーズナブル!。

しかも、割引率も高く、底値に近い価格で販売されている商品がありましたのでそちらのご紹介です。


速報!ベビーカー2015年度上半期版人気ランキング5月31日、UPしました!。



photo credit: Jed Sullivan via photopin cc

スポンサードリンク


A型で最軽量のコンビメチャカルハンディDC360がお買い得

コンビメチャカルハンディDC360(以下360モデル)は、メチャカルハンディαの派生モデル。メチャカルハンディα(以下αモデル)といえば、日本国内でのベビーカー出荷本数(人気ランキング)では常に上位値にある超人気モデル。

主要なA型ベビーカーとしての機能を装備しながら、軽さを全面に出し、大型の幌やスタイリッシュなデザインなど、日本の土壌ではベストサイズのベビーカーとして人気を博しております。

ここでご紹介するDC360モデルはαモデルの弟分的な存在です。

人気のαモデルの主要な機能はそのままに、ただでさえ軽いαモデルをさらに軽量化した「軽さ命」のA型ベビーカーなのです。

ちなみにαモデルの重量はフル装備で4.3kg。これからベビーカーを購入しようとする方はピンとこないかもしれませんが、この重量はA型モデルとしては驚くほど軽量なのです。

対してDC360モデルの重量はというと3.5kg。
A型モデルとしては世界的に見ても最軽量なのではないかと思います。

そして操作性もシンプルで使いやすいのはありがたいです。


わかりやすい動画がありましたので是非ご覧ください。


t1poyli05


「A型モデルとしては」と、前置きをしましたが、実はB型モデルと比較しても軽い部類に入ります。

現在最も売れていると思われるB型ベビーカーはコンビの F2 、アップリカのマジカルエアー。両ベビーカーともに、軽さと気軽に使えるパッケージングでB型ベビーカーのお手本ともいえるモデルです。

コンビF2の重量は3.3kg。アップリカマジカルエアーは2.9kg。

この2機種はB型モデルの中でもダントツに軽いことで定評があります。

DC360は上記2機種に比べて若干重量はありますが・・・・A型モデルなんです!

再度申し上げますが、A型モデルでこの重量はとにかくビックリです。

つまり、A型モデルとして新生児から気軽に使えて、しかも取り回し重視のB型モデルとしても利用できる一石二鳥の優れモノ。





こんな方にオススメです。

1.A型ベビーカーが欲しいが重さが気になる。とにかく軽い(軽さが第一)A型モデルを求めている方

2.乳児期を脱した時期にB型を買い増そうと考えているが、コストがかかるのが問題(1台で済ませたい)

華奢に見えるとか、装備が簡素すぎるなどとツッコミを入れる方もいますが、このモデルのウリはとにかく「軽さ」なんです。

A型もB型もこなすのに3.5kgなんです!

主要な装備を削ぎ落として軽量化を計った結果なんです。
装備とか、見た目などに対し、悲観的な論調の方はこのベビーカーは求めていないと思います。

あなたがA型ベビーカーに求めているものは「軽さ」ですか?「装備」ですか?

スポンサードリンク


併せて読みたい人気記事

人気ベビーカーランキング2016年7月版

ベビーカー2015年度上半期版人気ランキング

ベビーカー人気ランキング2014年下半期版

芸能人・モデルさん愛用のベビーカーを見てみよう

B型ベビーカー人気ランキング

アップリカ ラクーナの口コミと評価

ピジョンの最新機種ランフィの口コミ、評価、使用感




このページの先頭へ