ベビーカー価格別一覧

3万円~4万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新

2020年4月現在で販売されている3万円から4万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。

中途半端な価格帯と思われるかもしれませんが、B型の上位機種、そして掘り出し物の人気A型モデルが出てくる狙い目の価格帯

A型モデルはコスパの高い高性能機種がいくつかありましたので価格も品質も追及したい方は要チェックです。

スポンサーリンク


3万円から4万円未満のベビーカー一覧

コンビ Age エッグショック AK

A型背面

超軽量・コンパクトなB型ライクなA型ベビーカー。

充実したクッション類で赤ちゃんの乗り心地も充実。

B型として機能するのでセカンドベビーカーを買い足す必要がないのが最大のメリット。

ベビーカーの煩わしさを解消したママにやさしいモデルです。

ピジョン fino フィーノ

A型両対面

最高峰の乗り心地と走破性が両立したピジョンのトップモデル。

余裕のあるサイズながら軽く、しかも軽快に走るのでストレスなく利用できます。

特筆すべきは2点。段差を簡単に乗り越えられるA型両対面タイプでは最大、18cmの大きなタイヤの採用。そして、乗り心地と押し心地の両面で効果を発揮する充実した2か所のサスペンション類。ベビーカーでは珍しい座面下にあるサスペンションは足回りサスで吸収しきれなかった衝撃をさらに吸収してくれる優れもの。

赤ちゃんの快適性を補助するさまざまな機能も併せ持っており、A型両対面ベビーカーではこれ以上ないクオリティの高い一台です。

2020年4月現在、販売価格が大幅の改善され、お求めやすい価格となっています。

 

ピジョン パルスキップ

A型背面3輪タイプ

パルスキップはピジョン初の3輪エアタイヤを装備した高い走行性能を誇るお洒落なベビーカー。

3輪タイプのモデルは近年複数登場していますが、軽量コンセプトのモデルはいまだに少なく、持ち運びに耐えうる使い勝手のよい3輪タイプの先駆けともいえるモデルです。

折りたためば肩から掛けての移動が可能に!コンパクト畳めることで小型車のトランクにも無理なく収納ができます。

今までの3輪ベビーカーに機動性を兼ね備えた次世代のモデルといえるでしょう。

 

アップリカ オプティアAC

A型両対面

オプティアシリーズはアップリカの最上級モデル。

ゆったりとしたシート面や優れた振動吸収システムの採用、汗・花粉・紫外線・汚れなど「おでかけストレスから360°守る様々な機能」がふんだんに盛り込まれています。

オプティアには数々のモデルがありますが、ACモデルは現在の主力機種。

納得の装備が詰まった究極のベビーカーといっても過言ではありません。

ピジョン ランフィ RA9

A型両対面

ピジョンは日本ブランドベビーカー3大メーカーの一角。

ピジョンというと哺乳瓶をはじめとするベビー用品でおなじみですが、優れたベビーカーを輩出するブランドとして近年特に注目を集めています。

ピジョンの主力ベビーカーといえば「ランフィ」。

ここでご紹介する「ランフィRA9」はランフィシリーズの5代目。代々コンセプトは同一ながら、4代目のRA8から劇的な進化を遂げ、それを引き継ぐ現行RA9はランフィシリーズの完成形ともいえます。

ランフィシリーズの最大の特徴は高度が走行性能。

シングルタイヤでかつ、超大型の車輪は接地面が少なくクイックなハンドリングが可能。スルスルと滑るように進む押し感は他ベビーカーでは体感できない滑らかさでストレスなく外出を楽しむことができます。

また、超大型タイヤは街中で遭遇する少々の段差を気にすることなく走行ができます。

*上画像は先代RA8

3代目のランフィRA7までは4輪ともに16.5cm径のタイヤを装備。競合モデルをはるかにしのぐ大きさで走行性能に差をつけてきましたが、先代RA8からさらに後輪をアップ。18cm径にすることで負担のかかりやすい後輪をグレードアップし、さらなる高い走行性能を得ることができました。

もちろんオート4輪をはじめ赤ちゃんの快適装備は一通り網羅しています。

これだけの先進技術と装備が盛り込まれているにもかかわらず車重はわずか5kgちょっとと持ち運びに負担にならない重量なのはうれしいところ。

*上画像は先代RA8

押しやすさはピカイチ!赤ちゃんもママもお散歩が楽しくなる快適ベビーカーです。

関連記事:

ピジョン ランフィRA9をおすすめする6つの理由

【ピジョン新型ベビーカー】ランフィRA9を評価・レビュー!RA8との違いも解説します

ピジョン ランフィのレビューと口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

 

 

クイニー ジャズ

B型

クイニージャズは個性的でスタイリッュなデザインと軽さが魅力のオランダ発のB型ベビーカー。

丈夫で座り心地の良い新素材のシートはカラフルなカラーバリエーションがあり、選ぶ楽しさもあります。

クイニーは世界的に有名なプレミアムベビーカーブランドということもあり、イメージ先行のベビーカーという印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんがそれは完全に間違い。

複数の口コミを見るとわかりますが、軽くてシンプル、そして使いやすいと評判の実用的なB型ベビーカーなのです。

コンビ メチャカルハンディMG

A型両対面

メチャカルハンディMGはA型で両対面機能を有したスタンダードなモデル。オート4輪は搭載されていませんが、その点たった4.4Kgの超軽量にできているのが特徴。

軽さや取り回しの良さを最優先に考慮に入れると必ず選択肢の一つとして浮上するモデルです。

誰でも簡単操作可能なワンタッチ開閉や持ち運びに便利な「ぱぱっとクローズ」の装備など、細かな部分まで洗練された作りはコンビ製ならでは。

根強い人気のあるモデルです。

サイベックス イージーS B2

B型

イージーS B2はサイベックスのB型モデル。

ドイツブランドらしいしっかりとした走行性とコンパクト性が両立した日本の風土にぴったりとマッチしたモデルです。

片手で簡単にできる折り畳み、そして持ち運びやすい極小サイズに変身することでお出かけ先や玄関先への収納にも邪魔になることはありません。

 

コンビ ホワイトレーベル スゴカル 4キャス Light ライト エッグショック HJ

A型両対面

オート4輪搭載

コンビ スゴカルシリーズはA型両対面+オート4輪搭載モデルとして、日本市場では常にトップクラスの人気を長年維持し続けているロングセラーモデル。

軽さと機能性を見事に両立したモデルでタイトな空間の多い日本で利用するにはジャストなベビーカーです。

ここでご紹介するスゴカル 4キャス Light ライトは従来型スゴカルのライトバージョン。

4.6kgという軽量化を実現しながら仕様は従来型とほぼ同一に仕上げています。

2019年7月現在、お手頃な価格に落ち着いてきたので軽いベビーカーをお探しの方は要注目です。

コンビ スゴカルハンディ エッグショック MK

A型両対面

コンビ スゴカルハンディはスゴカルシリーズのシンプルバージョン。

オート4輪は搭載されておらず、その分、軽量・コンパクトに作られているのが特徴。

4.2kgの車重はA型両対面ベビーカーではトップクラス。このタイプでは実績のあるコンビ製だけに信頼性はバツグンです。

 

コンビ  F2 plus AJ

A型背面

コンビF2シリーズはB型ベビーカーとして有名ですが、本モデルはリクライニング機能を兼ね備えたA型スペックを有した珍しいベビーカーです。

A型とB型を兼ねるマルチな活躍が可能なモデルではありますが、厳密にはB型にA型の機能を付加したモデルという意味合いが強く、高機能セカンドベビーカーと捉えるべきでしょう。

アップリカ ナノスマート プラス

A型背面タイプ

折りたたみ時は驚きのコンパクトサイズになり、持ち運びがラクラクなナノスマートから最新モデルの登場。

前途でご紹介した従来型に比べて400g軽量になり、さらに使いやすくなりました。

高級感漂うレザー調ハンドルにも注目です。

 

コンビ ホワイトレーベル メチャカルハンディ オート4キャス PLUS エッグショック HF

A型両対面

メチャカルハンディオート4キャスは新生児期から使えるA型ベビーカーでは最も人気のあるモデルの一つです。

必要な装備はすべて整っており、しかも軽量に収めてあるパッケージングは現代のA型ベビーカーの理想形ともいえます。

シート全面にエッグショックを配置。21リットル大容量の下かごを採用するなど、プラスの機能は従来型に比べて使いやすさが向上しています。

後継モデルの スゴカル4キャス が発売になったことにより注目度は落ちましたが、内容はほぼ一緒でありながらかなり価格はやはり魅力。

利便性・操作性の高いオート4輪搭載でもこの「軽さ」、この「低価格」。

たくさんの方々が利用している理由がよくわかります。

 

アップリカ オプティア AB

A型両対面

 

オプティアはアップリカの最上級モデル。余裕のあるゆったりとしたシートスペースと走行時の振動軽減、そしてお出かけ時のストレスから守る各箇所のきめ細やかな心配りと3つの部分に注力したベビーカー。

高級ベビーカーでありながら3万円台で購入可能なお買い得感は魅力です。

 

アップリカ ラクーナエアーAB

A型両対面

ラクーナは軽量、コンパクト、オート4輪搭載の人気モデル。このラクーナエアーは従来型のラクーナをさらに軽量化したモデルです。

重量はたった4.6kg!

軽量により持ち運びに長け、B型に迫る車重なのでこれ1台ですべての年齢、月齢をこなしてしまう優れものです。

関連記事:

アップリカ ラクーナエアーの長所と短所をまとめてみた

アップリカ ラクーナエアーの評価は?ユーザの口コミ情報をまとめてみた

 

アップリカ イージーバギー

A型背面3輪タイプ

アップリカ イージーバギーは気軽に使える3輪バギーがコンセプト。

3輪A型ベビーカーの長所を継承しながら軽量、コンパクトに仕上げた使いやすさが特徴の新ジャンルモデル。

発売間もないこともあり、街中であまり見かけませんが、売れ行き如何によっては将来のベビーカー像も変わっていくかもしれません。

 

最新記事:

A型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

B型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

UPしました!併せてご覧ください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク


-ベビーカー価格別一覧
-, ,

関連記事

8万円以上のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている8万円以上のベビーカーを一覧にしてみました。 世界のプレミアムモデルがが居並ぶ価格帯。高機能の装備が搭載されているのはもちろんのこと、同時にベビ …

6万円~7万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている6万円から7万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 日本ブランドベビーカーの最上級モデルが集まる価格帯。 卓越した走破性と乗り心地を保証して …

4万円~5万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている4万円から5万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 コンビ、アップリカなど人気ブランドの主力モデルが出始める価格帯。 A型両対面・オート4輪 …

2万円~3万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている2万円から3万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 実用性の高い軽量・コンパクトな人気のB型ベビーカーを中心に、お手頃なA型両対面モデルもち …

7万円~8万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている7万円から8万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 日本ブランドの最高峰モデルとプレミアムインポートベビーカーが居並ぶ価格帯。 高い走行性能 …



スポンサーリンク

Profile

プロフィール

「ベビーカーの選び方講座」管理人のtsuyoshiと申します。
ベビー用品関連のビジネスに2008年より携わり、今日に至っております。

専門分野は「ベビーカー」
ベビーカーマニアを自称する私がベビーカー初心者にも分かりやすく解説していきたいと心がけております。