ベビーカー価格別一覧

7万円~8万円未満のベビーカー一覧

日本ブランドの最高峰モデルが居並ぶ価格帯。

高い走行性能や乗り心地の良さは当然ながら所有欲を満たすステイタス性も兼ね備えた究極のベビーカーばかりです。

どうせ利用するならば一番良いものをとお考えの方から支持を得ています。

 

スポンサーリンク


7万円から8万円未満のベビーカー一覧

エアバギーココブレーキ フロムバース

丸みを帯びたドーム型のフードが愛くるしいエアバギーのオリジナルモデルはやはりシリーズ中の一番人気。

スタンダードタイプのココはブレーキモデルが主流となっていますが、そのブレーキモデルから新作が登場。

従来型は2段階のリクライニング方式をとっていましたが、本モデルは115度から155度までの無段階リクライニングを採用。新生児期から利用可能なスペックに生まれ変わったcocoは発売から大きな話題となりました。

唯一の欠点だったリクライニング角度が改善されたことでA型相当に生まれ変わったココは今まで以上に人気を集めることとなるでしょう。

 

⇒ エアバギー ココ ブレーキ フロムバース  の詳細と価格

⇒ AirBuggy ココ ブレーキ フロムバース(amazon)

⇒ ココ ブレーキ フロムバース(yahooショッピング)

アップリカ オプティアプレミアムAB

オプティア プレミアムABは2018年8月に発売された最新モデル。

アップリカのA型両対面モデルでは最高峰のオプティアシリーズの最上級モデルという位置づけです。

基本モデルのオプティアACにプラスαの機能を盛り込んだ贅沢なモデル。

A型両対面でいちばん良いものをお探しの方には強くお勧めいたします。

 

⇒ アップリカ オプティアプレミアム AB の詳細と価格

⇒ オプティア プレミアムAB(amazon)

⇒ オプティアプレミアム AB(yahooショッピング)

ペグペレーゴ ブック51 ブルーム

ブック51はイタリアンストローラーの代表格、ペグペレーゴの最上位機種。

軽くて丈夫なアルミ素材の極太フレームに大きなシングルタイヤを採用した安定感のある外観は一目で安心感を与えます。

ワンタッチで簡単に変換可能な両対面式に対応。調節によってほぼフラットになるシート構造で新生児期の赤ちゃんも快適・安心。ワンハンドタイプのグリップは個性的な独自の形状で押しやすさに長け、大型シングルタイヤと相まって軽快な押し心地を実現。

折りたたみ構造もよく考えられており、中心部から2つ折りになり意外とコンパクトになります。トラベルキャリーバッグのように転がしながら移動できるので持ち運びにも苦労しません。

赤ちゃんの乗り心地とママの軽快な押し感、そしてステータス性とすべてを満たしてくれるプレミアムベビーカーです。

 

⇒ ペグペレーゴ ブック51 ブルーム の詳細と価格

⇒ peg-perego Book51 bloom(yahooショッピング)

⇒ ブック51 ブルーム(yahooショッピング)

アップリカ スムーヴ スマートブレーキ

3輪バギータイプで高い走行性能を発揮するスムーヴに自動安心ブレーキが搭載されたモデル。

軽快な走行性が大型3輪タイプのメリットではありますが、それゆえに押し手の意に反する動きをすることもしばしば。

スムーヴスマートブレーキは通常走行時はハンドルと一体化した操作バーを握ると動き出し、操作バーから手を離すと自動的に車輪がロックされ、ベビーカーが動き出すのを防ぎます。

誤操作による不意の事故を防ぐ画期的な自動安心ブレーキシステムはこれからの3輪ベビーカーのスタンダードとなるのかもしれません。

 

⇒ アップリカ スムーヴ スマートブレーキ の詳細と価格

⇒ スムーヴ スマートブレーキ(amazon)

⇒ スムーヴ スマートブレーキ(yahooショッピング)

 

アップリカ スムーヴ トラベルシステム

スムーヴは高い走行性能と使いやすさが融合した3輪モデルとして評価が高いのはご存知の通り。しかも新生児期から利用可能なので3輪ベビーカーとしては申し分のないスペックを有していました。

欲を言えばもう一つ欲しかった機能にトラベルシステムが挙げられます。トラベルシステムとは新生児期に特化したベビーシート(チャイルドシート)を組み合わせてベビーカー機能にとどまらず、マルチな機能を持たせる画期的な使い方。欧米ではスタンダードな利用法となっており、ここ数年、日本でも認知されつつあります。

スムーヴトラベルシステムはこの機能を持たせたスムーヴシリーズで唯一のモデル。

1台で5役をこなすトラベルシステムは利用してみると想像以上に便利で活躍してくれることを実感するでしょう。

 

⇒ アップリカ スムーヴ トラベルシステム の詳細と価格

⇒ スムーヴ トラベルシステム(amazon)

⇒ スムーヴ トラベルシステム(yahooショッピング)

 

コンビ アンブレッタ4キャス

 

アンブレッタはコンビの最上級モデル。

足元まですっぽりと覆う超大型幌や斬新なホイルデザインを纏った大径ダブルタイヤ、曲線がエレガントなフレーム構造などから見てとれる美しく優雅な佇まいは日本ブランドの他機種にはない別格のオーラを輝き放っています。

外観に目が行きがちですが、ベビーカーとしての機能性も一級品。

コンビ独自の超衝撃吸収素材エッグショックをシート全面に使用。

足廻りには路面の僅かな振動も吸収する4輪ソフトエアサスペンションを採用するなど赤ちゃんの乗り心地には抜かりありません。

クラス最大の58cmハイシートは大型幌と相まって夏場の強い日差しと地面からの反射光からしっかりと守ってくれます。

このカテゴリーのモデルは重さについて言及されることもありますが、片手で抱え込むように持てる持ちカルグリップが装備されているので力のない女性でもそれほど負担になることはないでしょう。

とにかく美しいベビーカーです。街中での遭遇率も低いことから他人との差別化を図りたい方にはオススメです。

 

⇒ コンビ アンブレッタ4キャス の詳細と価格

⇒ アンブレッタ オート4キャス (amazon)

⇒ コンビ アンブレッタ(yahooショッピング)

 

スペシャルエディション エアバギー ココ プレミア

オリジナルcocoとベースは一緒ながら従来のドーム型フードからスクエアフォルムのキャノピーに変更し、雰囲気がガラッと変わったcocoのプレミアモデル。オリジナルでは可愛らしい印象がありましたがこれだけで都会的でスタイリッシュ&シャープなイメージへと大変身。

プレミアの名の通り、細部は細かな変更があります。衝撃を吸収するクッション性の高い厚手のシートを採用することで乗り心地が向上。タイヤは従来型と比べてトレッドパターンが異なりオフロードタイプへと変更。悪路へも対応したトレッドでお出かけの幅も広がりました。

プレミアは通常ラインアップのココでは最上級モデル。そのプレミアをベースにした限定モデルということで超プレミア感漂う特別なモデルへと仕上がっています。

 

⇒ スペシャルエディション エアバギーココ プレミア の詳細と価格

⇒ 【SPECIAL EDITION】AirBuggy COCO PREMIER(amazon)

⇒ スペシャルエディション エアバギー ココ プレミア(yahooショッピング)

 

最新記事:

A型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

B型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

UPしました!併せてご覧ください。


-ベビーカー価格別一覧

関連記事

価格帯別に人気ベビーカーを選別してみました

ベビーカーの機種選定は人によっていろいろな方法があります。 ブランドを最優先に考える方もいらっしゃるでしょう。型式(A型・B型)で選定するスタンダードな方法もあります。 そのほかにも走行性能重視や豪華 …

5万円~6万円未満のベビーカー一覧

超人気の日本ブランド現行モデルや話題のインポートモデルなどを余裕をもって選べる価格帯。 機能性もファッション性も充実した選りすぐりのベビーカーが目白押しです。 スポンサーリンク 目次1 5万円から6万 …

3万円~4万円未満のベビーカー一覧

中途半端な価格帯と思われるかもしれませんが、B型の上位機種、そして掘り出し物の人気A型モデルが出てくる狙い目の価格帯。 A型モデルはコスパの高い高性能機種がいくつかありましたので価格も品質も追及したい …

4万円~5万円未満のベビーカー一覧

コンビ、アップリカなど人気ブランドの主力モデルが出始める価格帯。 A型両対面・オート4輪搭載など、人気のスペックを有した機種を中心に、3輪タイヤ搭載の個性的なモデルも登場します。 スポンサーリンク 目 …

8万円以上のベビーカー一覧

世界のプレミアムモデルがが居並ぶ価格帯。高機能の装備が搭載されているのはもちろんのこと、同時にベビーカーでは珍しい所有欲を満たすステータス性を兼ね備えたスペシャルなモデルばかりです。 他人とは違うモデ …