新型ベビーカー

エアバギーでおなじみのGMPインターナショナルがジュールズハブの日本総代理店として10月6日より販売開始

エアバギーの製造・販売メーカーとしておなじみのGMPインターナショナルさんがオランダ・アムステルダム発のプレミアムブランド「ジュールズ」のベビーカー『HUB(ハブ)』の日本総代理店として10月6日より販売開始するとの発表がありました。

ジュールズといえば「DAY」というモデルが日本でもおなじみでしたが新型「HUB」の日本発売に伴いGMPさんが取り扱うようになったようです。

その情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク


プレスリリース抜粋

オランダ・アムステルダム発
”使いやすさ”にフォーカスした新時代の”エルゴノミクスデザイン”ベビーカー
<JOOLZ(ジュールズ)>取扱いスタート。
新モデル『HUB(ハブ)』10月6日よりエアバギー直営店にて先行予約開始

 

株式会社GMPインターナショナル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飯田美恵子)は、オランダ・アムステルダム生まれのベビーカーブランド<JOOLZ(ジュールズ)>のベビーカー『HUB(ハブ)』を日本総代理店として10月6日より販売開始いたします。新ブランドのローンチを記念して10月6日(土)より、エアバギー代官山店にてスペシャルキャンペーンを実施いたします。

オランダの人間工学に基づいた”エルゴノミクスデザイン”で設計されたジュールズのベビーカー。赤ちゃんの”骨格成長”と、押す人の”ユーザビリティ”を重視し、無理なく効率的に扱える『本当に使いやすいデザイン』を目指して開発されたベビーカーです。

新モデル『HUB(ハブ)』は、スタイリッシュなデザイン性と、日本の生活環境にもマッチした高い機能性を併せ持つ、アーバンユースに適した1台。段差や凸凹道もスムーズに走行できるサスペンション付き大口径タイヤと、クッション性の高い対面式リクライニングのシートで赤ちゃんの快適性を追求しながらも、駅改札を通り抜けできるスリム幅、ショルダーストラップで持ち運び可能な折り畳み機能など、パパママの利便性も十分に考えられたベビーカーです。

【JOOLZ HUB(ジュールズ ハブ)6つの特徴】

1)両対面リクライニング可能なリラックスシート

・赤ちゃんの成長に合わせてシート方向を前向き・後ろ向きに切り替え可能。どちらのポジションでも背もたれと足元の角度を3段階で調整できます。

2)コンパクトに折りたたみ・ショルダーキャリーもOK

・わずかなステップでカンタンに折りたためて、コンパクトに自立するから場所を取らずに収納できます。

3)可動域の広いハンドルポジション

・背の高いパパママでも安心のスライド調整式ハンドル。足元のエリアが広がり歩行もスムーズです。

4)スリム幅で改札も通り抜け可能

・お子さまが座るシート幅はゆったりサイズ(最大31cm)なのに、本体幅はわずか53cm。駅の改札もスムーズに通り抜けできます。

5)UPF50+大型サンキャノピー搭載

・シートをすっぽりと覆うワイド仕様のサンキャノピーは、紫外線もしっかりとブロックします。

6)BABY TRAVEL SYSTEM対応

・寝ている赤ちゃんを起こすことなく、スムーズに移動ができる人気のベビートラベルシステムにもしっかり対応【弊社取扱ベビーシート:MAXI-COSI PEBBLE PLUS/PEBBLEに対応】

https://www.airbuggy.com/pressrelease/20181003/

ジュールズハブとはどのようなベビーカーなのか!?

オランダのアムステルダム発のプレミアムベビーカーブランド。

いわゆる高級ベビーカーの部類に入ります。

「DAY」というモデルが日本ではおなじみですが「ハブ」は後継モデルと思われます。

余裕のあるサイズ、しっかりとしたフレーム形状、前後ともにに大きなタイヤを装備したパッケージングで走破性は抜群。

両対面リクライニング可能なリラックスシートをメインにマキシコシの各ベビーシートが搭載可能なベビートラベルシステムに対応。

外観の印象は大柄に感じるもののストラップを使って肩からかけての移動も可能。

ゆったりと利用するモデルなので日本ブランドの軽量モデルのようなオールラウンド性は薄いものの、お子様との大切な時間を有意義に過ごすにはとても適したモデルです。

 

製品名  JOOLZ HUB(ジュールズ ハブ)
カラー  全4色(ヒッポグレー/パロットブルー/ネーロ(ブラック)/ロッソ(レッド)
価格  ¥92.000(税別)
サイズ(起立時)  幅53cm 全長85cm 高さ96.5~106cm(ハンドル可動式)
サイズ(折り畳み時)  幅53cm 奥行66cm 高さ34cm
重量  11.5kg
対象年齢  生後0か月~3歳ごろまで
耐荷重  15kg(+荷物5kgまで)
取扱い店舗  エアバギー直営店/AirBuggy 公式OnlineStore/伊勢丹新宿店 本館6F マタニティ・新生児

 

競合比較モデルは!?

このタイプは欧米で需要の多いいわば大陸的な要素が強く、トータル的に見た利便性よりもお子様の乗り心地や走行安定性、押し心地を重視したモデルになります。

日本で販売されている超高級インポートベビーカーによく見かけるモデル形態ですが、ガッチリと競合するタイプはわずか数モデルほどしかありません。

ジュールズハブと同じようにステータス性と利便性を兼ね備えた日本国内で購入可能な競合機種は以下3モデルと思われます。

バガブー カメレオン3

カメレオン3

⇒ bugaboo cameleon3

 

バガブー バッファロー

バッファロー

⇒ bugaboo buffalo

 

サイベックス プリアム

⇒ サイベックス プリアム (amazon)

ジュールズハブはどこで購入できるのか

エアバギーでお馴染みのGMPさんのショップ、エアバギー公式直営店をはじめ、AirBuggy 公式OnlineStore 、伊勢丹新宿店などで販売されるようです。

さいごに

ジュールズはプレミアムインポートブランドに属する高級ベビーカーブランドであることは一部の方には理解されていたものの今までは露出度は薄く、「知る人ぞ知るベビーカー」という印象が拭い去れませんでした。

GMPさんが総代理店になったことで世界的に有名なブランドを数多く取り扱うエアバギーショップでの販売やメディアでの露出度も増え、特別なベビーカーとして多くの方に認知されるのも時間の問題かと思われます。

ジュールズデイは多くの芸能人や有名人、モデルさんなどの利用者が多く、特別なモデルである一端を伺えることから最新型の「ジュールズハブ」はそれ以上の知名度や価値がつくものと予想できます。

そのポテンシャルはバガブーカメレオンやサイベックスミオスといった世界的に有名なベビーカーと同じ土俵で争える数少ないモデルであることは間違いありません。

まだ知名度が上がっていない今だからこそ、先取りして早めに使ってみるのも良いかもしれません。


-新型ベビーカー

関連記事

ピジョンの新型ベビーカー ランフィRA8の発表会へ行ってきました

2月20日、軽量+オート4輪搭載で人気の高いピジョンランフィの新型モデルが発表になるということでプレスとしてお招きいただき、実機を見てきました。 表参道という華やかな場所で大々的に行われる発表会だけに …

コンビから100万円ベビーカーを発売

ベビーカーの相場ってどれぐらいだと思いますか? 日本国内で販売されているモデルでは下は数千円から、上は10万円ぐらいといったところでしょうか。 人気が一極化している日本のベビーカー市場では軽量A型両対 …

アップリカ、ラクーナクッション2018年10月上旬発売「概要と感想」

アップリカからまたまた最新ベビーカーが登場です。 ベビーカー全体で見ても上位の人気を常に維持しているアップリカ、ラクーナシリーズの最新モデルだけに大きな期待が持てます。 現執筆段階ではまだ発売されてい …

コンビ スゴカルの最新モデルが登場!スゴカルα 2018年11月下旬発売「概要と感想」

軽量コンパクトで機能満載の超人気モデル、コンビ スゴカルの新型モデルが2018年11月下旬に発売となります。 スゴカルの名前はそのままにα(アルファ)のセカンドネームがついての登場です。新しいスゴカル …