トラベルシステム

セット販売でお買い得なトラベルシステム対応 人気のおすすめベビーカー6選 2019年6月版

セット販売でお買い得なトラベルシステム対応 人気のおすすめベビーカー6選 2019年版

近年、ベビーカーのトラベルシステムが脚光を浴びています。

トラベルシステムは豪華に見えるゆえにどれも高額で手が出ないと思われている人も少なくありません。

実は探してみるとリーズナブルなセット商品もかなりあるのです。

この値段ならば無理なく使えると思える安価で高品質なベビーカートラベルシステムのセット品を厳選してご紹介していきます。

photo credit: jccchou 大安森林公園 via photopin (license)

スポンサーリンク


 

トラベルシステムとは

トラベルシステムとはベビーカーとベビーシート(チャイルドシート)を組み合わせて利用する形態。

多機能ベビーカー」「マルチユースベビーカー」などと呼ばれる場合もあります。

欧米ではポピュラーな使い方ですが日本では最近になってようやく認知されはじめ、複数の商品が流通するようになりました。

まずはトラベルシステムとはどのようなものなのか?利用方法を見ていきましょう。

トラベルシステムの人気モデル、joie エアトラベルシステムを例に挙げてみてみよう

joie エアトラベルシステム

 

最近ではトラベルシステムがセットでしかも安価で売られるモデルがちらほらと出始めました。多機能ベビーカーの代表的な人気モデル「joie エアトラベルシステム」を例に、トラベルシステムとはどんなものかを見ていきたいと思います。

通常利用時のベビーカースタイル

通常利用時のベビーカースタイル

参照画像:joie エアトラベルシステム

ベビーカーは一般的に上画像のように単体で使われるものです。

最近では軽量・コンパクトな機種が増えてきており、単体での利用は移動や保管時の利便性が向上します。

しかしながら、月齢の浅いお子様の場合、不安定な座面構造に不安を感じる方も多いでしょう。

通常利用時の利点と欠点
  • 軽量・コンパクトで気軽に使える
  • 新生児期の利用には不安も

 

ベビーシートをベビーカーに取り付けて・・・

ベビーシートをベビーカーに取り付けて・・・

参照画像:joie エアトラベルシステム

トラベルシステムの最大の特徴はベビーシートを一緒に利用すること。

新生児期のお子様がすっぽりと安定して収まることから、安全面は格段に向上。ベビーシート取り付け時は対面になるため、お子様の様子を見ながらの移動が可能となるのも親御さんとしては安心感があります。

ベビーシート設置によるメリット
  • 新生児期の安全性と快適性が向上
  • 両対面になり、お子様の様子が常に確認できる

ベビーカーからベビーシートを外せば・・・

ベビーカーからベビーシートを外せば・・・

参照画像:joie エアトラベルシステム

ベビーカーに取り付けたベビーシートをそのまま持ち上げれば「クーファン」として機能します。

お子様が寝ている状態でも移動式ベッドのように起こすことなく移動が可能。

「ベビーカーから自宅へ」

「ベビーカーから自動車へそのまま取り付け」

が可能となります。

産院の退院時から大活躍。お子様を載せてそのまま車に設置すれば「クーファン ⇒ ベビーシート(チャイルドシート)」として利用できる優れものです。

ベビーシート利用のメリット
  • クーファンとして機能するので退院時から活躍
  • そのまま自動車に設置すればチャイルドシート(ベビーシート)として機能

 

安価なトラベルシステムセットも多数存在します

安価なトラベルシステムセットも多数存在します

トラベルシステムというと高級・高額なベビーカー「エアバギーココ」や「バガブー」と世界的に有名なベビーシート「マキシコシ」「サイベックス」製シートの組み合わせを想像される方が多いかと思います。

ブランド品だけに2つの組み合わせによっては総額10万円超えも当たり前。

トラベルシステムは利便性の高いシステムと理解はしていてもこれでは手が出ないと敬遠されてしまうこともしばしば。

しかしながら、探してみると安価で良質なトラベスシステムセットも少数ながらあるのです。

スポンサーリンク

セット販売でお買い得なトラベルシステム対応 人気のおすすめベビーカー6選

セット販売でお買い得なトラベルシステム対応 人気のおすすめベビーカー6選

トラベルシステムは「ベビーカー」と「ベビーシート」を別々に購入するのが一般的ですが、ここではセット品になった商品のみをご紹介いたします。

なるべく安価なものだけを厳選いたしました。

高価格帯商品につきましては別途記事でご紹介したいともいます。

joie エアトラベルシステム

joie エアトラベルシステム

ジョイーは機能性とコストパフォーマンスの両方で優れたポテンシャルを発揮するモデルを多数輩出するイギリス生まれのおしゃれなブランド。

エアトラベルシステムは軽量A型ベビーカー(5.0kg)と軽量ベビーシート(2.9kg)の組み合わせ。着脱には専用のアダプタを必要とせず、そのまま載せ外しだけでOK!

使いやすさと軽量・コンパクトの取り回しの良さは日本のタイトな空間で利用するのはピッタリ!

価格は一般的な単体ベビーカーよりもむしろ安価なくらいなので気軽に利用できるのもいいですね。

気になる評価や使用感はネット上に多数出ているので併せてご覧ください。

⇒ joie エアトラベルシステム(楽天みんなのレビュー)

 

日本育児 スマートトラベルシステム イージーベースセット

日本育児 スマートトラベルシステム イージーベースセット

日本育児はベビーカー、チャイルドシートをはじめとするベビー用品全般を扱う歴史あるブランド。使い手の気持ちを考えた商品を多数扱うメーカーとして定評があります。

スマートトラベルシステムは「ベビーカー」「ベビーシート」「イージーベース」の3点セット。イージーベースを自動車の後部座席に常に設置しておくことで取り付け・取り外しが容易になるだけではなく、確実な設置が可能となるため高い安全性も確保できます。

メインとなるベビーカーは最大170度までのリクライニングが可能なうえ、折り畳み時はコンパクトで自立も可能。モダンなデザインも使い手の心を動かします。

 

ジョイー ライトトラックス ジュバ i-base トラベルシステム セット

ジョイー ライトトラックス ジュバ i-base トラベルシステム セット

三輪タイプのベビーカーを中心としたタイプはトラベルシステムの王道といえるかもしれません。「エアバギーココ+マキシコシ」の組み合わせがポピュラーな存在となっておりますが、それに対抗するモデルといってもいいでしょう。

本セットは「ベビーカー」「ベビーシート」「ベースメント」の3点で構成されています。それでいて4万円未満で購入できるので、とてもお買い得といえるのではないでしょうか。

とにかくスタイリッシュなベビーカーです。

↓口コミ・レビューはコチラ↓

ライトトラックス べビーシート ジュバ i-base トラベルシステム セット(楽天みんなのレビュー)

 

クイニーザップ&マキシコシシティセット

クイニーザップ&マキシコシシティセット

クイニーとマキシコシはオランダ発の世界的に有名なベビー用品ブランド。

日本市場で10数年前に登場したこの組み合わせはトラベルシステムのパイオニアであり、最もポピュラーな存在といえるでしょう。

今現在もステータス性を兼ね備えており、芸能人や有名人、モデルさんの利用が多いことでも有名です。

芸能人・有名人・モデルさん利用のベビーカー一覧

ベビーカーは最もヒットした実績十分の初期型「ザップ」、ベビーシートはマキシコシのエントリーモデル「シティ」の組み合わせ。

使いやすさとおしゃれ度が両立した格安のモデルです。

↓口コミ・レビューはコチラ↓

クイニー ザップ とマキシコシ シティのセット(楽天みんなのレビュー)

 

コンビ F2プラス AF トラベルシステムキットセット

コンビ F2プラス AF トラベルシステムキットセット

コンビは長年にわたり、トラベルシステムに力を入れてきたブランド。

現行モデルはB型ベビーカーでは1.2の人気を誇るF2plusをベースに実績のあるコンビ製ベビーシートとの組み合わせ。

F2plusは軽量・コンパクトなB型のお手本とも言えるモデルというだけではなく、A型ライクなフルリクライニング機能も合わせ持っており、早めのベビーカー単体利用が可能なのも魅力です。

 

サイベックス イージーS エイトン isofixベースセット

サイベックス イージーS エイトン isofixベースセット

サイベックス はドイツ発のプレミアムベビーカーブランド。

約2年前に発売された同社のミオスというモデルはbugaboo bee5(バガブー ビー5)と比較されるほどのステータス性と使いやすさを兼ね備えたA型モデルとして脚光を浴びています。

ここでご紹介するイージーSはサイベックス のエントリーモデル。B型スペックで軽量、コンパクトなのが特徴。

サイベックス製のベビーシート(エイトンQ)との相性は良く、日本のタイトな空間で使うのにちょうど良いパッケージングに仕上がっています。

本セットはイージーSベビーカー、エイトンQベビーシート、isofix対応ベースメントの3つが含まれています。

他機種と比べると表向きな価格は高額に感じますが、プレミアム性、機能性を考えれば決して高い買い物ではありません。

さいごに

2019年4月現在のベビーカートラベルシステムのオススメセット品を6機種ご紹介してきました。

トラベルシステムは実際に使ってみると高次元の利便性と安全性に誰しもご納得いただけるかと思います。

高額と思われがちですが価格はご覧の通り。どれもコンパクトにできているので煩わしさもないでしょう。

ベビーカーをご検討の際は是非ご一考を!



スポンサーリンク



スポンサーリンク


-トラベルシステム
-, ,

関連記事

ベビーシート(新生児・乳児用)はこれを買えば間違いなし!お勧めベビーシート8選

近年、ベビーシートが密かなブームとなっております。 ベビーシートとは新生児期から約1歳までに特化したチャイルドシートのこと。チャイルドシートというと新生児期から約4歳まで利用できるロングユースモデルに …

トラベルシステム対応ベビーカーと利用可能なベビーシート組み合わせ一覧

トラベルシステムに対応したベビーカーの一覧に加え、各ベビーカーごとで利用可能なベビーシートをご紹介いたします。 photo credit: Jeroen Kransen Het karretje ka …



スポンサーリンク

Profile

プロフィール

「ベビーカーの選び方講座」管理人のtsuyoshiと申します。
ベビー用品関連のビジネスに2008年より携わり、今日に至っております。

専門分野は「ベビーカー」
ベビーカーマニアを自称する私がベビーカー初心者にも分かりやすく解説していきたいと心がけております。