ベビーカー価格別一覧

5万円~6万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新

2020年4月現在で販売されている5万円から6万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。

超人気の日本ブランド現行モデルや話題のインポートモデルなどを余裕をもって選べる価格帯。

機能性もファッション性も充実した選りすぐりのベビーカーが目白押しです。

スポンサーリンク


5万円から6万円未満のベビーカー一覧

ピジョン ランフィRB0

ランフィRB0はA型両対面の超人気ベビーカーであるピジョン ランフィシリーズの最新モデル。

完成度の高いランフィシリーズですが最新のRB0はそれにプラスしてフレーム剛性を強化。

押しやすさならランフィRB0以上のモデルはないかもしれません。

アップリカ スムーヴ プレミアム AB

プレミアムABはスムーヴシリーズの最上位モデル。

畳める足載せサポート、フロントロック機能がついたことによりしっかりと安定した自立が可能ななることなど従来型に比べて使える機能を搭載した実用的なモデルです。

 

コンビ ホワイトレーベル アンブレッタ 4キャス エッグショック UH

アンブレッタはコンビの最上級モデル。

足元まですっぽりと覆う超大型幌や斬新なホイルデザインを纏った大径ダブルタイヤ、曲線がエレガントなフレーム構造などから見てとれる美しく優雅な佇まいは日本ブランドの他機種にはない別格のオーラを輝き放っています。

外観に目が行きがちですが、ベビーカーとしての機能性も一級品。

コンビ独自の超衝撃吸収素材エッグショックをシート全面に使用。

足廻りには路面の僅かな振動も吸収する4輪ソフトエアサスペンションを採用するなど赤ちゃんの乗り心地には抜かりありません。

クラス最大の58cmハイシートは大型幌と相まって夏場の強い日差しと地面からの反射光からしっかりと守ってくれます。

このカテゴリーのモデルは重さについて言及されることもありますが、片手で抱え込むように持てる持ちカルグリップが装備されているので力のない女性でもそれほど負担になることはないでしょう。

とにかく美しいベビーカーです。街中での遭遇率も低いことから他人との差別化を図りたい方にはオススメです。

アップリカ オプティアクッション

オプティアクッションは2019年5月に発売されたオプティアシリーズの最新モデル。

「あかちゃん医学」と「育児工学」の視点から赤ちゃんの気持ちをとことん研究した結果を形にしたベビーカー。

赤ちゃんのおでかけでのストレスを軽減する様々な仕組みが盛り込まれたママとの心地よいお出かけを楽しめるベビーカーです。

他競合モデルとの大きな違いは広大なシートスペース。ゆったりとしたシートスペースはタベビーカーと並べると一目瞭然。赤ちゃんにストレスのない乗り心地を提供します。

また、走行時の振動軽減の仕組みはよくできており、タイヤ部にあるキャスターサスペンションと座面下に配置されたシートサスペンションのダブルサスで赤ちゃんがゆったり落ちつく乗り心地を実現。

赤ちゃんの乗り心地が前面に出ているモデルですが、ママの押し心地をはじめ、使い勝手のよい機能性も併せ持つ道具としては申し分のないベビーカーです。

アップリカ スムーヴ トラベルシステム

スムーヴは高い走行性能と使いやすさが融合した3輪モデルとして評価が高いのはご存知の通り。しかも新生児期から利用可能なので3輪ベビーカーとしては申し分のないスペックを有していました。

欲を言えばもう一つ欲しかった機能にトラベルシステムが挙げられます。トラベルシステムとは新生児期に特化したベビーシート(チャイルドシート)を組み合わせてベビーカー機能にとどまらず、マルチな機能を持たせる画期的な使い方。欧米ではスタンダードな利用法となっており、ここ数年、日本でも認知されつつあります。

スムーヴトラベルシステムはこの機能を持たせたスムーヴシリーズで唯一のモデル。

1台で5役をこなすトラベルシステムは利用してみると想像以上に便利で活躍してくれることを実感するでしょう。

 

 

ペグペレーゴ シー

A型背面

ペグペレーゴはイタリアの老舗ブランド。ヨーロッパ全体でも指折りのベビーカーブランドなのです。

そのペグペレーゴにあって最も人気なのがここでご紹介するsi。

ベビーカーとしては世界的に見ても珍しい大型のシングルタイヤを採用。クイックなハンドリングが可能でスムースな走行性能はsiの特徴といえます。

そのシングルタイヤを支えるサスペンションの優秀さも同時に評価されています。石畳が多いイタリアにおいて、乗り心地と押し心地の優劣に直結する足回りは必然的に高性能化へと向かったと推測できます。

歩道の段差が多い日本国内でも同じように安心できる走行性を体感できるでしょう。

海外モデルといえば折り畳みと機能性に大雑把な印象がありますが、siは日本ブランドと同等ともいえる細かな配慮があり、その点、日本でも特に人気のインポートモデルであることは納得できます。

マウンテンバギー ナノ mountain buggy nano

マウンテンバギーはニュージーランド発のお洒落なベビーカーブランド。

3輪オフロード対応のタフなベビーカーを扱うブランドという印象がありますが、現在ではシティユースのコンパクトなモデルも多数輩出しています。

「ナノ」はマウンテンバギーのエントリーモデル的存在。

軽量・コンパクトで折り畳み時は小さくなるため気軽に使えるセカンドベビーカーとして注目を集めています。

単体ではB型スペックとなりますが、マキシコシをはじめとするベビーシートの装着も可能なので新生児期からも利用することができます。

 

アップリカ スムーヴプレミアム

A型3輪バギー

 

大人気、アップリカ スムーヴの最高峰がスムーヴプレミアム。

従来型との違いは

1、フロントロックが付いてたたんだときのぐらつきを防止

2、畳める足載せサポートの採用でさらにコンパクトに

3、デニム調フードの採用

4、フロントガードとハンドルには高級感のあるレザー調を採用

スムーヴを心行くまで堪能したい方は絶対最高級のプレミアムがお勧めです。

さいごに

日本ブランドの最上位現行モデルをはじめ、個性的でおしゃれなインポートブランドも選べる贅沢な価格帯といえるでしょう。

この中で個人的に利用してみたいのはサイベックス イージーSツイストかな?

余裕があればサイベックス製ベビーシートと組み合わせてトラベルシステムとして使ってみたいです。

最新記事:

A型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

B型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

UPしました!併せてご覧ください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク


-ベビーカー価格別一覧
-, , ,

関連記事

6万円~7万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている6万円から7万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 日本ブランドベビーカーの最上級モデルが集まる価格帯。 卓越した走破性と乗り心地を保証して …

3万円~4万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている3万円から4万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 中途半端な価格帯と思われるかもしれませんが、B型の上位機種、そして掘り出し物の人気A型モ …

ベビーカーの相場はどれぐらい?値段の違いはどこが異なるのか?

ベビーカーって一体いくらぐらいするものなの?相場はどれぐらい? 値段の上下がかなりあるようだけどその違いは何なの? こんな疑問にお答えしていきます。 最新情報: 【A型両対面ベビーカー限定】安くて高機 …

1万円~2万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている1万円から2万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 安価なベビーカーは安全性や使い心地が劣るなんて勝手に想像していませんか? 探してみると意 …

7万円~8万円未満のベビーカー一覧

*2020年4月更新 2020年4月現在で販売されている7万円から8万円未満のベビーカーを一覧にしてみました。 日本ブランドの最高峰モデルとプレミアムインポートベビーカーが居並ぶ価格帯。 高い走行性能 …



スポンサーリンク

Profile

プロフィール

「ベビーカーの選び方講座」管理人のtsuyoshiと申します。
ベビー用品関連のビジネスに2008年より携わり、今日に至っております。

専門分野は「ベビーカー」
ベビーカーマニアを自称する私がベビーカー初心者にも分かりやすく解説していきたいと心がけております。