ベビーカー価格別一覧

5万円~6万円未満のベビーカー一覧

超人気の日本ブランド現行モデルや話題のインポートモデルなどを余裕をもって選べる価格帯。

機能性もファッション性も充実した選りすぐりのベビーカーが目白押しです。

スポンサーリンク


5万円から6万円未満のベビーカー一覧

コンビ スゴカル4キャス compact エッグショック HH

A型

スゴカルはコンビの主力モデル。軽量+オート4輪は現在最も人気のある形態ですが、その中でも特に人気の一台です。

わずか5.0kgながら必要な機能はほぼすべて網羅しており、トータル的なバランスの良さが人気となっている理由です。

ハンドルアジャスターの装備や他メーカーにはない持ちカルグリップの採用など、持ち運びの利便性にも長けています。

ベビー用品量販店へ出向くと分かりますが一番いいポジションに複数陳列されていることから、人気の高さと店側のイチオシ商品であることが見て取れます。

軽さは重要。だけど充実した機能も欲しい。そんな欲張りの方にはコレを選んでいただければ後悔はありません。

2018年モデルが発売になったため?かお手頃となったプライスも魅力です。

 

⇒ コンビ スゴカル4キャス compact エッグショック HH の詳細と価格

⇒ コンビ スゴカル 4キャス compact (amazon)

⇒ コンビ スゴカル(yahooショッピング)

 

クイニー クイニー ザップ フレックス

B型

3輪バギータイプでお馴染みのザップの最上位モデル。

座面部分が取り外しでき、簡単に対面式へと変更が可能。

背面・対面両対応のリバーシブルシートとフルフラットを含む3段階のリクライニング機能を有しスタンダードタイプの ザップ エクスプレス との差別化を図っています。

また、シートユニットにセット可能な新生児対応インナーシート「コクーン」(別売)を取り付ければ新生児期から利用可能なベッドタイプへと変身。

マキシコシのベビーシート(新生児対応)を同時に利用するユーザーが多く、機動性の高いベビートラベルシステムをフルに発揮できるベビーカーとして評価の高い一台です。

 

⇒ QUINNY ZAPP FLEX の詳細と価格

⇒ クイニー ザップ フレックス(amazon)

⇒ ザップ フレックス(yahooショッピング)

ペグペレーゴSi

A型

ペグペレーゴはイタリアの老舗ブランド。ヨーロッパ全体でも指折りのベビーカーブランドなのです。

そのペグペレーゴにあって最も人気なのがここでご紹介するsi。

ベビーカーとしては世界的に見ても珍しい大型のシングルタイヤを採用。クイックなハンドリングが可能でスムースな走行性能はsiの特徴といえます。

そのシングルタイヤを支えるサスペンションの優秀さも同時に評価されています。石畳が多いイタリアにおいて、乗り心地と押し心地の優劣に直結する足回りは必然的に高性能化へと向かったと推測できます。

歩道の段差が多い日本国内でも同じように安心できる走行性を体感できるでしょう。

海外モデルといえば折り畳みと機能性に大雑把な印象がありますが、siは日本ブランドと同等ともいえる細かな配慮があり、その点、日本でも特に人気のインポートモデルであることは納得できます。

 

⇒ ペグペレーゴ シー の詳細と価格

⇒ Peg-Perego Si(amazon)

⇒ pegperego si(yahooショッピング)

イングリッシーナ ジッピーライト

A型

イングリッシーナは世界30カ国で愛されているイタリア・ベネチア生まれの伝統あるスタイリッシュブランド。

ファッションモールのセレクトショップの店頭などで見かけることもあり、流行に敏感な方々は一度は目にしたことがあると思います。

日本ではまだまだ浸透していないブランドということもあり、ファッションベビーカー的に思われているかもしれませんが、機能面を見ていくと道具としては申し分のないスペックを有しております。

押し心地とコンパクトさはこのモデルの最大の特徴。折り畳み時はB4サイズに自立することから、タイトな住空間でも安心して利用できます。

ジッピーライトはファッション性と実用性を同時に兼ね備えた今注目のイタリアンストローラーなのです。

 

⇒ イングリッシーナ ジッピーライト の詳細と価格

⇒ イングリッシーナ ジッピーライト(amazon)

⇒ ZIPPY LIGHT(yahooショッピング)

 

ピジョン pigeon ランフィ RA8

A型

ピジョンは日本ブランドベビーカー3大メーカーの一角。

ピジョンというと哺乳瓶をはじめとするベビー用品でおなじみですが、優れたベビーカーを輩出するブランドとして近年特に注目を集めています。

ピジョンの主力ベビーカーといえば「ランフィ」。

ここでご紹介する「ランフィRA8」はランフィシリーズの4代目。代々コンセプトは同一ながら、4代目のRA8は劇的な進化を遂げ、注目度は増すばかりです。

ランフィシリーズの最大の特徴は高度が走行性能。

シングルタイヤでかつ、超大型の車輪は接地面が少なくクイックなハンドリングが可能。スルスルと滑るように進む押し感は他ベビーカーでは体感できない滑らかさでストレスなく外出を楽しむことができます。

また、超大型タイヤは街中で遭遇する少々の段差を気にすることなく走行ができます。

3代目のランフィRA7までは4輪ともに16.5cm径のタイヤを装備。競合モデルをはるかにしのぐ大きさで走行性能に差をつけてきましたが、最新モデルRA8ではさらに後輪をアップ。18cm径にすることで負担のかかりやすい後輪をグレードアップし、さらなる高い走行性能を得ることができました。

もちろんオート4輪をはじめ赤ちゃんの快適装備は一通り網羅しています。

これだけの先進技術と装備が盛り込まれているにもかかわらず車重はわずか5kgちょっとと持ち運びに負担にならない重量なのはうれしいところ。

押しやすさはピカイチ!赤ちゃんもママもお散歩が楽しくなる快適ベビーカーです。

 

⇒ ピジョン ランフィ RA8 の詳細と価格

⇒ Runfee RA8 (amazon)

⇒ ランフィRA8(yahooショッピング)

コンビ スゴカル4キャス compact エッグショック HH

A型

大人気、スゴカル4キャスの2018年モデル。

初夏に似合う新色のピンクが加わりました。

スゴカルの機能を継承した最新モデルです。

 

⇒ コンビ スゴカル4キャス compact エッグショック HH の詳細と価格

⇒ スゴカル 4キャス compact エッグショック HH(amazon)

⇒ スゴカル4キャス(yahooショッピング)

 

エアバギーミミ AirBuggy mimi

3輪バギータイプ

エアバギーミミは3輪ベビーカーのパイオニア的存在。

現在ではエアバギーココに人気が集中していますが、ミミも根強い人気を維持しています。

cocoよりもホイルベースが長く、走行安定性に長けていること、スタイリッシュでワイルドな外観などが高評価の理由です。

一時期に比べてユーザーさんも少ないことから他人との差別化を図れるので面白い存在なのかもしれません。

機能面・使い心地は大人気のcocoとほぼ一緒です。

 

⇒  AirBuggy mimi(amazon)

 

アップリカ オプティアAB

A型

オプティアはアップリカの最上級モデル。余裕のあるゆったりとしたシートスペースと走行時の振動軽減、そしてお出かけ時のストレスから守る各箇所のきめ細やかな心配りと3つの部分に注力したベビーカーです。

アップリカらしいスポーティで洗練された外観も魅力です。

 

⇒ アップリカ オプティア AB の詳細と価格

⇒ Aprica オプティア AB (amazon)

⇒ オプティア AB(yahooショッピング)

 

最新記事:

A型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

B型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

UPしました!併せてご覧ください。


-ベビーカー価格別一覧

関連記事

8万円以上のベビーカー一覧

世界のプレミアムモデルがが居並ぶ価格帯。高機能の装備が搭載されているのはもちろんのこと、同時にベビーカーでは珍しい所有欲を満たすステータス性を兼ね備えたスペシャルなモデルばかりです。 他人とは違うモデ …

1万円~2万円未満のベビーカー一覧

安価なベビーカーは安全性や使い心地が劣るなんて勝手に想像していませんか? 探してみると意外と掘り出し物が見つかります。人気のB型から、普段使いに申し分のない実用性の高いA型までバリエーションは豊富です …

4万円~5万円未満のベビーカー一覧

コンビ、アップリカなど人気ブランドの主力モデルが出始める価格帯。 A型両対面・オート4輪搭載など、人気のスペックを有した機種を中心に、3輪タイヤ搭載の個性的なモデルも登場します。 スポンサーリンク 目 …

2万円~3万円未満のベビーカー一覧

実用性の高い軽量・コンパクトな人気のB型ベビーカーを中心に、お手頃なA型両対面モデルもちらほらと出始める価格帯。 A型はコスパの高い隠れた名品がいくつかありましたのでご紹介いたします。 スポンサーリン …

6万円~7万円未満のベビーカー一覧

  日本ブランドベビーカーの最上級モデルが集まる価格帯。 卓越した走破性と乗り心地を保証してくれる優れた名品ばかり。予算に余裕があればぜひお試しください。 スポンサーリンク 目次1 アップリ …