ベビーカー価格別一覧

6万円~7万円未満のベビーカー一覧

日本ブランドベビーカーの最上級モデルが集まる価格帯。

卓越した走破性と乗り心地を保証してくれる優れた名品ばかり。予算に余裕があればぜひお試しください。

スポンサーリンク


 

6万円から7万円未満のベビーカー一覧

マウンテンバギー ミニ mountain buggy mini 

マウンテンバギーといえば3輪タイプが有名ですが、アーバンユースの使いやすさを追求したのが「ミニ」です。

シンプルなつくりで街中でのお出かけにも使える適度なサイズが魅力です。

 

アップリカ スムーヴ スマートブレーキ

3輪バギータイプで高い走行性能を発揮するスムーヴに自動安心ブレーキが搭載されたモデル。

軽快な走行性が大型3輪タイプのメリットではありますが、それゆえに押し手の意に反する動きをすることもしばしば。

スムーヴスマートブレーキは通常走行時はハンドルと一体化した操作バーを握ると動き出し、操作バーから手を離すと自動的に車輪がロックされ、ベビーカーが動き出すのを防ぎます。

誤操作による不意の事故を防ぐ画期的な自動安心ブレーキシステムはこれからの3輪ベビーカーのスタンダードとなるのかもしれません。

 

 

アップリカ スムーヴ トラベルシステム

スムーヴは高い走行性能と使いやすさが融合した3輪モデルとして評価が高いのはご存知の通り。しかも新生児期から利用可能なので3輪ベビーカーとしては申し分のないスペックを有していました。

欲を言えばもう一つ欲しかった機能にトラベルシステムが挙げられます。トラベルシステムとは新生児期に特化したベビーシート(チャイルドシート)を組み合わせてベビーカー機能にとどまらず、マルチな機能を持たせる画期的な使い方。欧米ではスタンダードな利用法となっており、ここ数年、日本でも認知されつつあります。

スムーヴトラベルシステムはこの機能を持たせたスムーヴシリーズで唯一のモデル。

1台で5役をこなすトラベルシステムは利用してみると想像以上に便利で活躍してくれることを実感するでしょう。

 

 

コンビ ホワイトレーベル スゴカルα 4キャス compact エッグショック HS

大人気、スゴカルαコンパクトシリーズの最新モデル。

個性的な角形の幌や肉厚のあるふわふわクッションを採用するなど、グレードアップ化が図られています。

柔らかな色合いのカラーにも注目です。

 

ピジョン パルスキップ

パルスキップはピジョン初の3輪エアタイヤを装備した高い走行性能を誇るお洒落なベビーカー。

3輪タイプのモデルは近年複数登場していますが、軽量コンセプトのモデルはいまだに少なく、持ち運びに耐えうる使い勝手のよい3輪タイプの先駆けともいえるモデルです。

折りたためば肩から掛けての移動が可能に!コンパクト畳めることで小型車のトランクにも無理なく収納ができます。

今までの3輪ベビーカーに機動性を兼ね備えた次世代のモデルといえるでしょう。

 

エアバギー ココブレーキ EX

3輪エアタイヤのモデルといえばエアバギーココブレーキを外して語るわけにはいきません。

高い走破性と丸みを帯びた愛くるしいデザイン、そして街中でも違和感なく利用できるコンパクトさとワンタッチ折り畳み機構など、従来の3輪モデルにはない常識を打ち破るモデルとして大ヒットを収め、現在に至っています。

エアバギーココシリーズはバリエーションが増え、選ぶ楽しさは増えましたが、相変わらずの一番人気はやはりオーソドックスなこのデザイン。一番エアバギーらしく、しかもかわいいデザインは不変のようです。

最新モデルのブレーキEXは従来型と比べて豪華な装備が話題となっています。ドリンクホルダー、ハンドル、フロントバーは美しい合皮レザー仕上げで高級感が倍増。従来型と違い、一目で最新モデルとわかるお洒落なココは注目の的です。

 

コンビ AttO アット type-S

アットはコンビの最上級ベビーカー。

従来のA型両対面ベビーカーと酷似しているものの若干異なるコンセプトを持った新世代ベビーカー。

アットには3つのグレードがありますが本type-Sは中間グレードとなります。

充実した機能とお求めやすい価格で一番人気のグレードとなっています。

関連記事:

【コンビ新型ベビーカー】アットAttOの特徴や詳細をレビュー!気になるあの箇所についても解説します

 

 

ピジョン fino フィーノ

最高峰の乗り心地と走破性が両立したピジョンのトップモデル。

余裕のあるサイズながら軽く、しかも軽快に走るのでストレスなく利用できます。

特筆すべきは2点。段差を簡単に乗り越えられるA型両対面タイプでは最大、18cmの大きなタイヤの採用。そして、乗り心地と押し心地の両面で効果を発揮する充実した2か所のサスペンション類。ベビーカーでは珍しい座面下にあるサスペンションは足回りサスで吸収しきれなかった衝撃をさらに吸収してくれる優れもの。

赤ちゃんの快適性を補助するさまざまな機能も併せ持っており、A型両対面ベビーカーではこれ以上ないクオリティの高い一台です。

 

 

アップリカ オプティアプレミアム AB

オプティア プレミアムABは2018年8月に発売されたワンランク上のモデル。

アップリカのA型両対面モデルでは最高峰のオプティアシリーズの最上級モデルという位置づけです。

基本モデルのオプティアACにプラスαの機能を盛り込んだ贅沢なモデル。

A型両対面でいちばん良いものをお探しの方には強くお勧めいたします。

 

アップリカ オプティアクッション

オプティアクッションは2019年5月に発売されたオプティアシリーズの最新モデル。

「あかちゃん医学」と「育児工学」の視点から赤ちゃんの気持ちをとことん研究した結果を形にしたベビーカー。

赤ちゃんのおでかけでのストレスを軽減する様々な仕組みが盛り込まれたママとの心地よいお出かけを楽しめるベビーカーです。

他競合モデルとの大きな違いは広大なシートスペース。ゆったりとしたシートスペースはタベビーカーと並べると一目瞭然。赤ちゃんにストレスのない乗り心地を提供します。

また、走行時の振動軽減の仕組みはよくできており、タイヤ部にあるキャスターサスペンションと座面下に配置されたシートサスペンションのダブルサスで赤ちゃんがゆったり落ちつく乗り心地を実現。

赤ちゃんの乗り心地が前面に出ているモデルですが、ママの押し心地をはじめ、使い勝手のよい機能性も併せ持つ道具としては申し分のないベビーカーです。

 

最新記事:

A型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

B型ベビーカーおすすめ人気ランキング最新版

UPしました!併せてご覧ください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク


-ベビーカー価格別一覧
-, , ,

関連記事

5万円~6万円未満のベビーカー一覧

*2019年7月更新 超人気の日本ブランド現行モデルや話題のインポートモデルなどを余裕をもって選べる価格帯。 機能性もファッション性も充実した選りすぐりのベビーカーが目白押しです。 スポンサーリンク …

ベビーカーの相場はどれぐらい?値段の違いはどこが異なるのか?

ベビーカーって一体いくらぐらいするものなの?相場はどれぐらい? 値段の上下がかなりあるようだけどその違いは何なの? こんな疑問にお答えしていきます。 スポンサーリンク   目次1 ベビーカー …

1万円~2万円未満のベビーカー一覧

*2019年7月更新 安価なベビーカーは安全性や使い心地が劣るなんて勝手に想像していませんか? 探してみると意外と掘り出し物が見つかります。人気のB型から、普段使いに申し分のない実用性の高いA型までバ …

4万円~5万円未満のベビーカー一覧

*2019年7月更新 コンビ、アップリカなど人気ブランドの主力モデルが出始める価格帯。 A型両対面・オート4輪搭載など、人気のスペックを有した機種を中心に、3輪タイヤ搭載の個性的なモデルも登場します。 …

8万円以上のベビーカー一覧

世界のプレミアムモデルがが居並ぶ価格帯。高機能の装備が搭載されているのはもちろんのこと、同時にベビーカーでは珍しい所有欲を満たすステータス性を兼ね備えたスペシャルなモデルばかりです。 他人とは違うモデ …



スポンサーリンク

Profile

プロフィール

「ベビーカーの選び方講座」管理人のtsuyoshiと申します。
ベビー用品関連のビジネスに2008年より携わり、今日に至っております。

専門分野は「ベビーカー」
ベビーカーマニアを自称する私がベビーカー初心者にも分かりやすく解説していきたいと心がけております。