ピジョン 新型ベビーカー

【ピジョン新型ベビーカー】ランフィRA9をレビュー!RA8との違いも解説します

ピジョンの超人気A型ベビーカー、ランフィがモデルチェンジをします。

発売は2019年4月5日(金)から。現時点では未発売のためまだ実機を見ていませんが、ピジョンさんのプレスリリースを参考にレビューしていきたいと思います。

先代モデルRA8との違いも解説していきます。

スポンサーリンク


 

ピジョン ランフィとはどんなベビーカーなのか?

まずはランフィとはどんなベビーカーなのかを簡単に見ていきましょう。特徴を簡単にまとめてみました。

ピジョン ランフィの特徴

・軽量、コンパクトなA型両対面モデル

・大径シングルタイヤの採用で走破性が高い

・赤ちゃんの衝撃を和らげるスイング式サスペンションの採用

・ショックレスボディ

・シートには高級高性能クッション材「帝人エルク」を採用

 

ピジョン ランフィは軽量A型両対面+オート4輪搭載ベビーカー。

日本市場では軽量でコンパクトな使い勝手のよいモデルに人気が集中しており、そのカテゴリーの中心にいるのがランフィなのです。

軽量・コンパクトなベビーカーといえば持ち運びの利便性を最優先させているため、機能が中途半端になってしまうのが一般的。走行性はそこそこ、装備もそこそこといった感じ。減量のためにはどこかが犠牲になってくるのは仕方のないところなのです。

しかしながら、ランフィには中途半端なところがありません。

ランフィの最大の特徴は高い走行性能にあります。

ランフィは軽量コンパクトなモデルでありながらワンランク上の高級モデルと同等、もしくはそれ以上の走行性能を発揮するモデルとして評価の高いベビーカーです。

その秘密は足回りにあります。

タイヤは全輪16.5cm、後輪18cmの超大型シングルタイプを採用。他社製品を圧倒するクラス最大のタイヤ径は上位モデルに匹敵するサイズ。

しかもベビーカーでは珍しい全輪でシングルタイヤを採用。シングルタイヤは路面との接地が少ない分、クイックなハンドリングとロードノイズを拾いにくいのが特徴です。

これだけの大型タイヤを装備していれば少々の悪路でも柔軟に対応でき、走行時は路面の状況を常に気にする必要もありません。

タイヤが大きくなり、強靭な足回りを装備すれば重量が増すのは当然ともいえますが、最新モデルではたった5.4kgしかありません。

ランフィの詳細については以下別ページでご紹介していますのでよろしければご覧ください。

関連記事:

ピジョン ランフィのレビューと口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

 

RA9はランフィシリーズの5代目

最新型のランフィRA9はランフィシリーズの5代目。

2015年に発売になった初代「ランフィ」、二代目「ランフィエフ」、三代目「ランフィRA7」、四代目「ランフィRA8」、そして最新型の「RA9」に至ります。

基本構造は踏襲しながら細かな改良を施し、トータルの機能向上と洗練された雰囲気が増してきました。

ランフィRA9はここが違う!旧型RA8との比較

大好評だった先代モデルRA8は2018年3月の発売。

約1年に1回の割合で歴代ランフィはモデルチェンジしてきたことから、そろそろ新型が出るだろうとは想像はしていました。

しかしながら、先代RA8モデルは今までにない劇的な進化を遂げており、高い完成度からこれ以上の仕様変更はないだろうという憶測もありました。

関連記事:

ピジョンの新型ベビーカー ランフィRA8の発表会へ行ってきました

たしかに新型RA9ではサプライズな変化箇所はありませんでしたが、着実に進化していることが分かります。

新型RA9にはどのような機能が付加されたのでしょうか。旧型RA8の違いを見ていきましょう。

さらに滑らかな走行性と操作性が実現

走破性と静寂性の高いピジョンのシングルタイヤがさらにグレードアップしました。

キャスター軸には世界的に有名なミネベアミツミ社製「NMB ボールベアリング」を採用。

タイヤが滑らかに回転することで一段高い走行性と操作性が実現しました。

トリプルスルーシート

通気性だけでなく透湿性に優れた「トリプルスルーシート」搭載。

シート地とハグットシートSOFTONには高級寝具素材として有名な帝人エルクを使用しています。

ベースシート、リバーシブルシート、ハグットシートの3つのシートに採用している生地すべてで、高い通気性に加え、1時間のお出かけで300mlの湿気(蒸発した汗)を通すことのできる透湿性を実現しています。

個性的な3カラーが登場

先代のRA8に比べて個性的なカラーリングが揃っています。

鮮やかなレッドを中心にどんなシーンにもマッチする新色のシェリグレー、カリヌネイビーにも要注目です。

新型RA9と旧型RA8の違いまとめ

上記3点以外ではカタログで見る限りでは新旧の違いは見られませんでした。

以下表はRA9の基本スペックですが、先代のRA8と全く一緒。

サイズ(最大寸法) [折りたたみ時]W516×D380×H1028mm
[展開時]W516×D830×H1015mm(背面位)
[展開時]W525×D945×H1015mm(対面位)
重量 本体重量5.4kg
タイヤ径 対面時前輪:φ180mm 対面時後輪:φ165mm
リクライニング角度 100度~175度
SG基準 (A形)適合

唯一違う箇所は重量。新型は100g重くなっています。

ボールベアリングとトリプルスルーシート採用が影響しているのもと思われます。

新型・旧型どちらが買いなのか?

ランフィは新型RA9へと進化しましたが、先代RA8発売のときのような劇的なモデルチェンジとはなりませんでした。

新旧の違いはほとんどなく、外観の違いはカラーのみ。

しかしながらもともと完成度の高いランフィだけに年に一回のモデルチェンジによる無理な仕様変更は意味がなく、微改善であっても何も問題はないかと思います。

ベビーカーはどのメーカーのモデルも新しい機種が圧倒的に売れる傾向にありますので、新旧の違いに敏感な方にはRA9は特におすすめいたします。

先代のランフィRA8はお買い得な価格が魅力

ランフィを少しでも安価でお探しの方には先代モデルRA8がお勧めです。

RA8はRA9の発売に伴い2019年3月現在、価格は4万円中盤と新型よりも1万円以上安いプライスをつけております。

以下が先代RA8のカラーラインアップ。

お気に入りのカラーがあればRA8でもよいのではないでしょうか?

RA8のメインカラーである鮮やかなアピスブルーが私のお気に入り。

ランフィは常に進化し続けており、最新型が一番優秀なのは当然ではありますが、今回は実質旧型となったものの、それほどの違いがないRA8のチョイスでも何も問題がないかと思います。

ランフィの前モデルはすぐに売り切れになるのでご注意を

ベビーカーは新型発売に伴い、旧型が安価で売られるのはどのモデルも一緒。つい数日前まで高額で販売されていたモデルが突如安価になるのはランフィに限ったことではありません。

ランフィの初期モデル発売の5年前より動向を見てきましたが、他競合モデルと比べると安価になった瞬間から、旧型があっという間に売れてしまう傾向にあります。

2019年3月10日現在では各色ともに在庫はあるようですが、悩んでいるうちに無くなってしまうので気になるようでしたらお早目のご決断をお勧めぃたします。

関連記事:

【売り切れ必至】激安お買い得人気A型ベビーカー3選 2019年2月度最新版

 

↓2019年3月現在、前モデルがお買い得です!↓

 

2019年3月10月日現在、人気のアピスブルーが3.98万円、それ以外のカラーが4.48万円が最安値となっていますが、歴代のランフィを見てきた傾向としてはこれ以下の値下げはあまり期待しないほうがよさそうです。

おすすめは鮮やかなラピスブルーかな?

売り切れになって後悔する前に押さえておいてくださいね。

さいごに

コンパクトで使いやすいのにサクサク動いてくれるのがランフィの魅力。いいとこどりを実現した数少ないベビーカーです。

新型のRA9はこれ以上進化のしようがないぐらい充実した完成形へと仕上がったと感じています。

ランフィは私が大好きなモデル。使っていて楽しくなる後悔のないベビーカーですよ。

4月5日の発売が楽しみです。



スポンサーリンク



スポンサーリンク


-ピジョン, 新型ベビーカー
-, , ,

関連記事

【コンビ新型ベビーカー】アットAttOの特徴や詳細をレビュー!気になるあの箇所についても解説します

コンビから2月上旬に新型ベビーカーが発売になります。 アットは従来型現行モデルの流用ではなく全く新しい設計のベビーカーです。 外観は今までのベビーカーに酷似しているものの、一味違ったコンセプトが特徴で …

新型B型ベビーカー ピジョン ビングルBA9のレビューと評価

ピジョン ビングルは約7か月から使えるB型タイプの人気モデル。 2019年3月8日に新型モデル「Bingle BA9」が発売となり、人気は加速していくばかりです。 B型モデルで注目度が高いピジョン ビ …

アップリカ、ラクーナクッション2018年10月上旬発売「概要と感想」

アップリカからまたまた最新ベビーカーが登場です。 ベビーカー全体で見ても上位の人気を常に維持しているアップリカ、ラクーナシリーズの最新モデルだけに大きな期待が持てます。 現執筆段階ではまだ発売されてい …

コンビから100万円ベビーカーを発売

ベビーカーの相場ってどれぐらいだと思いますか? 日本国内で販売されているモデルでは下は数千円から、上は10万円ぐらいといったところでしょうか。 人気が一極化している日本のベビーカー市場では軽量A型両対 …

ピジョン ランフィのレビューと口コミ、評価、使用感をまとめてみました。

ランフィはピジョンの主力モデル。 新生児期から利用可能なA型両対面で、しかも軽量+オート4輪搭載というカテゴリーが現在のベビーカーのトレンドとなっていますが、ランフィはまさにそのど真ん中にある機種とし …



スポンサーリンク

Profile

プロフィール

「ベビーカーの選び方講座」管理人のtsuyoshiと申します。
ベビー用品関連のビジネスに2008年より携わり、今日に至っております。

専門分野は「ベビーカー」
ベビーカーマニアを自称する私がベビーカー初心者にも分かりやすく解説していきたいと心がけております。