ベビーカーの選び方

ベビーカーにはこんなタイプがあります。

投稿日:2018年8月19日 更新日:

ベビーカーに初めて触れる方にとって、まず相対する難問として世に数あるベビーカーの中から何を基準に選んだらよいのか?という疑問に頭を悩ませるのではないでしょうか。

ここではベビーカーにはいくつかのタイプがあることを知っておきましょう。

そのタイプとは、個々の利用する環境やライフスタイル・お子様の月齢などにより変化します。

タイプ分けにはベビーカーの専門家のよって所説ありますが、私の場合、わかりやすいように6つのタイプに分類してみました。

 

最新記事:

2018年9月度、A型ベビーカーお勧め人気ランキング

UPしました!併せてご覧ください。

 

ベビーカーのタイプ一覧

A型タイプ

左:アップリカ ラクーナ ソファークッション

中央:コンビ スゴカル4キャス compact

右:ピジョン ランフィ RA8

 

街中でよく見かける最もスタンダードなタイプのベビーカー。

A型モデルは日本でダントツ人気のあるベビーカータイプです。

2018年5月度、A型ベビーカーお勧め人気ランキング

ベビーカーのA型B型とは日本のSG基準で定められている規格の名称。

ここでご紹介するA型とは、わかりやすく言うと新生児期から使えるモデルのこと。

約1か月から2~3歳ぐらいまで利用できるモデルが多く、これ1台あればすべての年齢に利用できるため、基本的に新たにベビーカーを買い足す必要はなく、コスパの高いモデルとして定評があります。

10数年前までのA型モデルといえば、万能でありながら7~10kgと少々重量があるのがネックでしたが、2018年現在での主流は5kg前後と実用性の高い軽量モデルが中心。

さらに軽いA型モデルをお探しであれば5kgをはるかに下回る超軽量モデルもいくつかあります。

軽さで選ぶ、軽量ベビーカーとは

とにかく軽いA型ベビーカーを重量順に並べてみた

 

機能面も充実しており、背面だけではなく上画像のように対面式なるモデルが現在の定番。

また、対面時の走行性能を向上させるオート4輪機能を搭載しているモデルがメインとなっているのも最近の傾向です。

 

オート4輪(オート4キャス)とは

 

日本ブランドのA型モデルは実用的なサイズに収まっている機種が多く、都市部の街中や集合住宅など、タイトな環境でも無理なく利用できるサイズであるのも人気の理由です。しかもワンタッチで簡単に折りたため、コンパクトになることから持ち運びに長け、置き場にも困らない利便性も見逃せません。

 

赤ちゃんの乗り心地を考慮に入れた快適装備も充実しており、赤ちゃんと使い手のママさんの双方にメリットがあるのがA型ベビーカーの最大のメリットです。

 

国内ブランドのコンビ、アップリカ、ピジョンなどが中心に販売しており、ベビー用品量販店の実店舗での商品陳列を見渡すと約7割ぐらいがA型モデルであることから人気の度合いがうかがえます。

 

2018年5月度、A型ベビーカーお勧め人気ランキング

 

B型タイプ

左:コンビ F2 Limited AF

中央:ピジョン ビングル

右:アップリカ マジカルエアープラスAD

 

B型モデルとは生後約7か月(赤ちゃんの首や腰がすわった頃)から使用可能なベビーカー。

A型モデルの新生児期のみに利用できる機能をそぎ落とし、軽量・コンパクト、取り回しを重視したモデル。その分、価格もお安めです。

A型からの乗り換えで利用する方が多く、「セカンドベビーカー」とも呼ばれています。

 

B型ベビーカーお勧め人気ランキング

3輪タイプ

左:エアバギー ココ ブレーキ フロムバース

中央:アップリカ スムーヴ プレミアム

右:エアバギー ココ プレミア フロムバース

 

大型ゴムタイヤを装着した3輪タイプのベビーカーはここ数年ですっかりおなじみとなりました。

その火付け役となったのが、3輪タイプのパイオニア「エアバギー」なのです。

街中で颯爽と走る優雅な外観から単なるファッションベビーカーではないか?と発売当初は一部に誤解があったようですが、最近では理にかなった実用性と走破性がしっかりと浸透してきているようでユーザーも激増!エアバギーファンの私としてはとても嬉しい限りです。

小回りが利き、街中で遭遇する段差などは難なくこなすなど、万能な走行性と振動吸収性はピカイチ。
大柄で折りたたみに難があると思われている方も多いようですが、国内ブランドであるエアバギーやアップリカ スムーヴなどは簡単に、しかもコンパクトに折り畳め、特別に気を遣うようなことはありません。

アップリカ スムーヴとエアバギーココを比較してみた

エアバギーココ フロムバースVSアップリカ スムーヴ あなたならどちらにする?

バギータイプ

左:リッチェル ファインアール カルネオ

中央:ジープ スポーツ スタンダード

右:リッチェル リベラ フルエ R

ベビーカーカテゴリーでよく見かけるバギータイプ。バギーといわれるモデルタイプの定義ははっきりとせず、欧米のベビーカーではそれなりに大型のモデルでもよく使われることがあります。

有名なところでは数年前に一斉を風靡したマクラーレンはA型ライクなモデルでありながら「クエスト」もバギータイプと呼ばれていました。

画像:マクラーレン クエスト

 

日本市場の場合、バギータイプといったらB型モデルをさらに簡素化した簡易ベビーカーのことを指すのが一般的です。

主なタイプは上画像にあるようなモデル。B型よりもシンプルにできていること、軽いこと、すべてではありませんが中央から半分に折りたため、ハンドルがセパレート式になっている(アンブレラストローラータイプ)ことなどが特徴です。

ネットの口コミ情報を見渡すと、利用者ならではの情報にたどり着きました。

前途でご紹介したB型タイプを利用していたものの、自動車のトランクに積み込むといっぱいになってしまうため、さらにコンパクトな「バギータイプ」の購入に至ったという書き込みがいくつかありました。

通常のB型でもかなりコンパクトなため、たぶん軽自動車での利用ではないかと推測できます。

また、わずか数千円から買えるモデルも存在し、とても安価なことも特徴です。

 

⇒ バギータイプ一覧(NetBabyWorl楽天)

個性派タイプ


ベビーカーをよく知らない方でも一目見て、「普通とは違う」と感じる特別なオーラを放つのがこのカテゴリー。

ベビーカーにも個性やブランド、ステータス性を求める方には最適です。バガブー、ストッケ、フィルアンドテッズなどを筆頭に世の中にはあなたの見たことのない個性豊かなデザインとベビーカーとは思えないような価格帯の別世界が存在します。

プレミアムブランドから選ぶ

マルチユースタイプ(トラベルシステム)

画像:クイニー ザップ × マキシコシ カブリオフィックス セット

NetBabyWorld

 

マルチユースタイプは現在最も注目されているベビーカーカテゴリーの一つ。

単なるベビーカーの枠にとどまらず、ベビーカーを核としながら様々な機能を持たせたトラベルシステムと呼ばれる使い方です。

欧米ではスタンダードな利用法ですが、日本ではトラベルシステムの文化は根付いておらず、ここ数年で徐々に認知されだした新しい使い方なのです。

ベビーカーとベビーシートを融合することでママの利便性と赤ちゃんの安全性を向上させた画期的システム。

日本国内では エアバギーココとマキシコシシート との組み合わせが最もポピュラーですが、 クイニー ザップbugaboo bee5 などの人気インポートモデルで利用している方もかなり見かけます。

マキシコシとベビーカーを一緒に使ってみよう

注目のインポートプレミアムベビーカー10選

 

最近ではアップリカの3輪タイプ、「スムーヴ」でも採用されたことで話題となりました。

 

アップリカ スムーヴシリーズのラインアップを見てみよう

 

その他、数多くのメーカーでも採用し始めたトラベルシステムは今後、日本市場で徐々に浸透していくことでしょう。

さいごに

ここまで、さまざまなベビーカータイプをご覧いただきました。

新生児期から長く使え、日本のタイトな環境にマッチした国内ブランドのA型モデルに圧倒的なシェアが集中していることは間違いありません。

しかしながら他人に左右されることなく、あなたのライフスタイルに合わせて気軽に選択するべきだと思います。

子育ては楽しむことも大事です。ベビーカー選びも子育ての醍醐味。

パパ・ママが気に入ったベビーカーだったら赤ちゃんもきっと喜んでくれるはず。

ベビーカー選びに少しでも進展がありましたら幸いです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ベビーカーの選び方

執筆者:

関連記事

住環境で選ぶ

住環境によってベビーカーの選定は異なります。 ベビーカーを選定するとき、デザイン性やお気に入りのブランド、価格などに重点を置いて購入する方がほとんどだと思います。ここで大切なことが抜けています。必ず住 …

何も知らない人のためのベビーカーの選び方解説

初めてベビーカーをお求めになる方にとってベビーカーとは「赤ちゃんを乗せて移動する道具」という印象しかないのではないでしょうか。 いざベビーカーを買う段になって無知識のままベビー用品の実店舗へ赴いたり、 …

ベビーカーを安く買う方法と裏技

子育ての準備には想像以上にお金がかかります。 肌着やウェア、ベビーケア商品、授乳グッズなど出産間近の方は慌ただしく準備リストを見ながら買い揃えていることと思います。 ベビー用品準備品の中で特に出費がか …

軽さで選ぶ、軽量ベビーカーとは

ベビーカー選定において最も重要視される事項のひとつにベビーカー本体の車重が挙げられます。 軽いほうが取り回しがよく、使い勝手がよいと考えるのはすべての方の共通の認識です。 日本の生活環境は欧米に比べて …

赤ちゃんの気持ちになって選ぶ

ベビーカーを選択する際、利便性の高い機能、そしてデザイン、または価格やブランドなど・・・どこに重点を置いて購入するか?悩む方が多いと思います。 しかしながらこれでは一番大事な部分が抜けております。これ …